ファンタジー読書生活

【読書感想】ウィッチャーI エルフの血脈

今回の本 8年前に出版されたエルフの血脈 (魔法剣士ゲラルト)が、ゲームのウイッチャーシリーズの反響を受けて改題した新装版。8年前の方も読んでいたものの、一向に続きがでなくてガッカリしていた思い出。こんな形で再び続きを読めるようになるとは。 あらすじと登場人物 あらすじ 肉体を魔法や霊薬で強化し、魔物を狩る魔法剣士<ウイッチャー>のゲラルトは、滅ぼされた国の王女シリと出会い、彼女をウイ […]

【読書感想】ウィッチャーII 屈辱の刻

今回の本 1に続いて2も連続で。この続きを読むまで8年かかったというのは改めて驚き。読めてよかったなぁ。 あらすじと登場人物 あらすじ 自身の持つ力を制御すべく、イェネファーの元で魔法を教わるシリ。イェネファーに連れられ魔法使い達の会議が行われるサネッド島へ来たが、魔法使い達は来る帝国と北方諸国の争いに加担すべく、帝国派、諸国派、中立派の3つの派閥に分かれて争っていた。 ゲラルトも島に訪れ、シリと […]

【読書感想】ウィッチャーIII 炎の洗礼

今回の本 あらすじと登場人物 あらすじ 魔法使いの会議にて重症を負い、木の精によって癒やされていたゲラルトだったが、姿を消したシリを追うべく、ニルフガードに向かおうとする。しかし国境地帯は帝国と北方諸国の争いで今や地獄の様相だった。 盗賊団「ネズミ」に拾われ、メンバーの「ファルカ」として行動するシリ。躊躇なく人を斬る事の楽しさに目覚めつつあるが、毎晩うなされるようになっていた。 魔法使いの争いに巻 […]