スポンサーリンク

スポンサーリンク

グイン・サーガシリーズ

前後のシリーズ記事

  1. 【読書感想】永訣の波濤 (グイン・サーガ143)
  2. 【読書感想】流浪の皇女 (グイン・サーガ144)
  3. 【読書感想】水晶宮の影 (グイン・サーガ145) (この記事)
  4. 【読書感想】雲雀とイリス (グイン・サーガ146)

今回の本

タイトル:水晶宮の影 (グイン・サーガ145)
著者:五代 ゆう
ジャンル:ファンタジー

あらすじと登場人物

あらすじ

1 モンゴールの王子であるドリアンを攫ったアストリアスらモンゴールの残党。彼らはドリアンを利用しゴーラの王座まで狙おうとする。しかしそこに弟を取り戻そうとするスーティが現れ…

2 ヤガの騒乱を片付け、スカール達はスーティと合流しようとするが、スーティは既に黄昏の国からゴーラに向かった後だった。海路で向かおうとヴァラキアにたどり着いた面々は、そこでカメロンの死、パロの災厄を知ることとなる…

3 圧倒的な力によってワルスタット城を制圧するグイン。そして明らかになるディモスの陰謀。

4 ディモスに真偽を問うため、グインはパロ・クリスタルパレスへ向かう。そこでグインが出会ったのは…

登場人物

グイン

豹頭の大男。ケイロニア王。圧倒的なカリスマと力を持つ。

スーティ

3歳の幼児。ゴーラ王イシュトヴァーンの庶子。連れ去られた異母弟ドリアンを助けに向かう

感想

ここ数巻に渡って続いていた流れが1つになろうとする巻だった。

ヤガが解決しヴァラキア組と合流。そしてこのまま沿海州総出でパロへと進軍しそう。

何人かが復讐に取り憑かれているようだけど彼らへの救済はあるのだろうか。いやこれぐらいじゃないと謎の力でイシュトが赦されそうだからやっぱりこれぐらいじゃないと。イシュトには全て精算してほしいところ。

 

グインも国内問題をサクッと片付けて(やはりグインが介入すると話が早い)、ついにパロへ。

そして次巻ではついに名前が明言されたあの人との対話か。最初に登場(とその正体を仄めか)した時は心底ガッカリして、今でも何で再登場したんだろうと不思議でしかないキャラクターなのである程度の納得が欲しい。

 

しかしスーティ&アストリアスの所はちょっとずっこけた。

グラチウスの言じゃないけど何のためにここまで色々やってきたのかってのが本当にそのまま。

まぁでもスーティがドリアンと合流した所で話としては扱いに困るだけなのでこれでいいのか。モンゴール連中は何というか全滅しそうな匂いしかしないけど…

終わりに

グイン、リンダ、イシュト、「あの人」はパロ。スカール達ヤガ組もヴァラキア組と合流していざパロへ。リギアやマリウス達はケイロニア、スーティ達はゴーラ(向いている方向はイシュト)。主要メンバーはこんな感じか。

あらゆる地方で同時展開(そのため話としては全てが少しずつしか進まない)というのは読む側としてちょっとつらかったので、それが大きく一つに、いざパロへ!とまとまっていくのは読んでて盛り上がりました。

■シリーズ一覧:グイン・サーガ

前後のシリーズ記事

  1. 【読書感想】永訣の波濤 (グイン・サーガ143)
  2. 【読書感想】流浪の皇女 (グイン・サーガ144)
  3. 【読書感想】水晶宮の影 (グイン・サーガ145) (この記事)
  4. 【読書感想】雲雀とイリス (グイン・サーガ146)
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事