スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回のゲーム

待ちに待ったキングダムハーツ3。シリーズでは1、2、BbSは発売日に購入していて、残りのシリーズやFMは未プレイ。けれどもこの日のためにちょっと前から復習として実況プレイ動画や考察動画を見て補完してきました。

ゲームプレイ時間の1/4はコントローラーを床に置いていた気がしますが、寝食忘れてプレイ。

感想

とりあえずキングダムハーツを1、2しかやってない人はキングダム ハーツ - HD 1.5+2.5 リミックス- - PS4をやろう!

そしてキングダム ハーツ HD 2.8 ファイナルチャプタープロローグ - PS4もできるだけやろう!基本的に全作品プレイしていないと置いてけぼりです。

以下ステージ毎のクリア当時の感想。ネタバレ考慮してません。

オリンポス

まーたいつものコロシアムかと思ったら思った以上に壮大な展開にビックリ。
チュートリアル的なステージと思ってたのに結構ガチ目だった。ヘラクレスの顔がいつもより堀が深いような。

最初気づいていなかったけど、そうかフィルの声は…

トワイライトタウン

ロクサスやアクセルの名前を見るだけでもう泣けてしまう。まさしくキングダムハーツの集大成だなぁと。
レストランのシステムはいいんだけど、この手の一定時間のバフとかの料理アイテムって使った試しないんですよね。

ラプンツェル

ステージの推奨レベル見てなくて先にコチラへ。ラプンツェルは見たことなかったけど十分見た気になる見事な映画ダイジェストだった。最近のディズニーヒロインは基本的に武闘派よね。

トイストーリー

バズの猜疑心が上手い事ストーリーに。
他のキャラクター達も見たかったなぁと思うぐらいトイストーリーのキャラクターは全員キャラ立ってて好き。

モンスターズインク

映画は1だけ見たんだっけな?本編終了後の世界だったから、映画見てない人はどう思うんだろうなとか余計な事を考えながらプレイ。ドナルド・グーフィーの見た目が割と本気で怖い。

アナと雪の女王

他のステージも全部良いんだけど、一段と気合入ってると感じた。
歌も2曲。しかも演出をほとんど完全再現。正直聞き飽きたと思っていた例の曲だけど普通に聞き入ってしまった。あの場面の目撃者としてソラ達を入れたのが凄い好き。映画とはまた別の味。
改めて最近の3Dディズニーとキングダムハーツの親和性を実感。

パイレーツ・オブ・カリビアン

キャラクターがリアルなんだけどギリギリの所で違和感がある。やっぱりリアルの顔は難しいんだなぁと。けど俳優のちょっとした動きも完璧に再現しているのでちょっと離れたところからのシーンはまんま映画。
海の底に潜るのはいいけど無限に息が続くのはなんで・・・とか思ったけどハイジャンプしたり空飛んだりするキャラクターに今更何を言ってるんだと気づく。
船での移動は楽しいしんだけど海戦がちょっと苦手で何度もコンテニューする事に。大変でした。

ベイマックス

本編終了後だったので最初からヒーローアニメ。兄の死を乗り越えて~ってのが映画の良かったところだと思っていたのでちょっと物足りない面も。けど作中で登場キャラクターを死亡退場させるわけにもいかないからそりゃそうか。

一連の集結イベント

ステージとかじゃなくてイベント+ボス戦が続く一連の流れ。「おかえり」「おはよう」にやられる。涙腺はガバガバ。

キーブレード墓場

パーティ全滅後の展開は最初意味不明だったので、あらすじを確認してやっと納得。理解力が足りなかったか。

△ボタン連打、あれはダメだ。割と許されない。

真13機関戦

思ったよりアッサリとした真13機関戦。一人一人倒していくと思ったんですけどね。
しかしBbSと358/2がホント救済で…泣けに泣けた。もらい泣きもいっぱいした。

圧倒的ヒロイン力を見せつけるカイリ。

ラスボス

特に苦労せず撃破。全編通して脳筋プレイで、〇ボタン連打しつつ△ボタンたまに押してるだけだったのでかなり楽だった。難易度スタンダードですしね。

あれだけ世界に迷惑かけておいて満足な笑顔で消えていくラスボスさん。てめぇ…

その後

エンディングは特に大きな感動は無く。KH1,2の時はクリア後のムービーでアッと驚いた記憶はあるけども、今回は割とげんなり。どこかで目にしてしまった、「ダークシーカー編は終了」という言葉を思い出し、まだまだ続くのか…と。
続くのはいいけども、それなりのペースで発売して欲しいところ。風呂敷を広げるだけ広げて、いつまでも畳まないのだけは勘弁。

とりあえずはシークレットムービーも解禁(1/31)されたので、幸運のマークを探したりグミシップで色々回ったり、色々余すことなく楽しみたいので、ゲームとしてはまだまだ遊べそうです。

好きな点

  • とにかくソラのキャラクターに癒される。誰かがネガティブな事を言ったらすぐに心からの「そんな事ないって」を返してくれるのが良き。
  • フリーランによって(ある程度)自由ある散策ができるのは嬉しい。操作感も良くて特にマップ移動に関しては不満なし。夕日は感動した。

気になった点

  • 一応ステージ毎に地図があるけれど、とにかく使い辛い。ズーム/アウトができないのでどっちから来たか忘れてしまい、すぐに迷子。もう何度ステージ途中からステージ入口まで引き返してしまった事か。
  • ステージをクリアした時にセーブ画面出して欲しかった。自動セーブやスタンバイ機能があるとはいえ、ボス前セーブポイント→ボス戦→ボス戦後のイベント→幕間イベントときて、その次のステージ移動画面でやっとセーブ可能。ちょっと遠いかな。

クリア後の全体的な感想

待ちに待ったという事でハードルは高かったけども、十分に満足させてもらいました。システムもストーリーも基本的に文句なし。久しぶりにRPGを心底楽しんでプレイしました。

キーブレード墓場までは。

 

キーブレード墓場からは伏線回収などを一気に始めたのでテンポはいいけどもあの敵やこの敵は結局何だったのか状態に。さらに過去の勇者たちのキーブレードを投げつけるという事で、世界感にまったく合っていないハンドルネームの山を敵に投げつけるのは一体何のゲームをやってるのかと不安になった。そういうのが嫌でシングルゲームやってたんだけどなぁ。

ラスボス、エンディングに関しては章ごとの感想に書いた通り。本当にBsBと358/2を復習しておいて良かった。これをやってなかったら無味乾燥なエンディングに。救い。

この最後からも思ったけど、他の外伝作品も全部プレイしている前提で話が進むし、ストーリーやキャラクター達の会話の中で補完してくれるわけでもない。ちょっとそこは不親切。既プレイ未プレイで最後のストーリーの感動の差がすごいと思う。

そういえば新たな7人のプリンセスってなんだったのか。そういった未回収な要素もいくつかあったし、エンディング後のアレとか、本編内で終わらせなかった部分は残念。やっぱりKH3でシリーズ完結して欲しかったなぁ。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事