2018年5月

【読書感想】ウィッチャーIII 炎の洗礼

今回の本 あらすじと登場人物 あらすじ 魔法使いの会議にて重症を負い、木の精によって癒やされていたゲラルトだったが、姿を消したシリを追うべく、ニルフガードに向かおうとする。しかし国境地帯は帝国と北方諸国の争いで今や地獄の様相だった。 盗賊団「ネズミ」に拾われ、メンバーの「ファルカ」として行動するシリ。躊躇なく人を斬る事の楽しさに目覚めつつあるが、毎晩うなされるようになっていた。 魔法使いの争いに巻 […]

【読書感想】永訣の波濤 (グイン・サーガ143)

今回の本 巻を数えるのに130巻から数えて今は~と考えてしまった事にちょっとショックを受けた143巻。まだまだ長い道のりのようです。 あらすじと登場人物 あらすじ スカールと別れたスーティは、琥珀の力により自分には腹違いの弟が存在しただならぬ状態に置かれている事を知る。琥珀を振り切って彼を助けに行こうとするが、そこに闇の魔術師グラチウスが現れる… また、ヤガではミロク降臨の儀式が失敗した事で信者の […]

【読書感想】ウィッチャーII 屈辱の刻

今回の本 1に続いて2も連続で。この続きを読むまで8年かかったというのは改めて驚き。読めてよかったなぁ。 あらすじと登場人物 あらすじ 自身の持つ力を制御すべく、イェネファーの元で魔法を教わるシリ。イェネファーに連れられ魔法使い達の会議が行われるサネッド島へ来たが、魔法使い達は来る帝国と北方諸国の争いに加担すべく、帝国派、諸国派、中立派の3つの派閥に分かれて争っていた。 ゲラルトも島に訪れ、シリと […]

【読書感想】ウィッチャーI エルフの血脈

今回の本 8年前に出版されたエルフの血脈 (魔法剣士ゲラルト)が、ゲームのウイッチャーシリーズの反響を受けて改題した新装版。8年前の方も読んでいたものの、一向に続きがでなくてガッカリしていた思い出。こんな形で再び続きを読めるようになるとは。 あらすじと登場人物 あらすじ 肉体を魔法や霊薬で強化し、魔物を狩る魔法剣士<ウイッチャー>のゲラルトは、滅ぼされた国の王女シリと出会い、彼女をウイ […]

【読書感想】賢者の怖れ 1 (キングキラー・クロニクル 第2部)

今回の本 第二部開始。宿屋の主人が語る伝説の男としての過去、その二日目。 あらすじと登場人物 あらすじ 憑りつかれた傭兵が宿屋を襲った次の日、宿屋の主人コートは紀伝家に対して伝説の秘術士クォートだった頃の物語の続きを語る。 大学生活は相変わらず金欠に喘いでいる以外は順調。学業も音楽も、愛しのデナとの関係も問題ないように思えたが、学費を決める為の試験の前に、憎みあっているライバルであるアンブローズに […]

【読書感想】風の名前 5 (キングキラー・クロニクル第1部)

今回の本 ついに第一部(一日目)の最終巻。 あらすじ チャンドリアンの痕跡を調査する為トレボンへと向かったクォート。虐殺の現場となった農場で調査を開始したが、唯一の生き残りは愛しのデナであった。 デナははぐれてしまった自分のパトロンを探すためといい、クォートと行動を共にすることになるが、二人は青い炎を吐くドラッカス(ドラゴン)と遭遇する。ドラッカスは金になるという事で撃退を考える二人だったが、デナ […]