「ファンタジー」の検索結果 43件

1/4ページ

海外サイトが選ぶ傑作ファンタジー100選の邦題を調べてみた

はじめに 下記の海外サイトUNBOUNDWORLDSにて紹介している、(UNBOUNDWORLDSの筆者が選んだ)傑作ファンタジー小説100選を読んだところ、どれも最高のファンタジー小説ですがいくつか知らないタイトルがあったのと、日本語に翻訳されているものがどれだけあるか気になったので調べてまとめてみました。 ※翻訳したわけではないので、選出理由やあらすじなどは原文ページでご確認ください The […]

ファイナルファンタジーⅫ ザ ゾディアック エイジ 1週目クリアの感想

1週目クリアしましたので以下感想です。  ストーリー&世界観 イヴァリースと呼ばれる世界。砂漠の王国ダルマスカは北には軍事帝国アルケイディア、西にはその敵国であるロザリアに挟まれていた。ダルマスカは圧倒的な力を持つアルケイディアとの戦争に敗れ、全面降伏を決意するが、その調印式の場でダルマスカの降伏反対の過激派によりダルマスカ王は殺され、王女も自殺、ダルマスカはアルケイディアに占領される。 […]

おすすめファンタジー小説 大人向け編

ファンタジーというジャンルの小説の中で、大人向き(主に翻訳物)のおすすめを書き出していきます。 前に書いた児童文学篇はこちら。 今回は大人向け。薦めたい本がありすぎて自分で混乱してしまった為、厳選して5冊。 大人向きといっても色々ありますが、単に18禁のエログロという事ではなく、大人が読んで面白いと思う(子供にはまだちょっと早い)ぐらいのイメージです。 新世界より あらすじ ここは病的に美しい日本 […]

おすすめファンタジー小説 海外児童書(子供向け)編

はじめに 子供の頃からファンタジーな児童書が好きだったので、大人になった今でもハヤカワ文庫の新刊をチェックするぐらいにはファンタジーが好きな大人になりました。 ここでは、私が読んできた中で特に大きく影響を受けたファンタジー児童書(海外翻訳児童書)を紹介したいと思います。 主にハイファンタジー*1で、だいたい私が小学生の間には読み終えていますが、中高生や大人でも新たな発見があって楽しめると思います。 […]

【ゲーム感想】ファイナルファンタジーXV(クリア)

今回のゲーム 途中までの感想はこちら 【ゲーム感想】ファイナルファンタジーXV(2章途中まで) 【ゲーム感想】ファイナルファンタジーXV(5章途中まで) 感想 いまちょうどエンディング見てるところなんですがね。 全然感動しなくてもうガッカリ。 どんな微妙なゲームだったとしても、最後に感動できればいいなーとか思ってたけどそんな事もなくて、ちょっとでも期待してしまった自分にガッカリ。 いい所をあげると […]

【ゲーム感想】ファイナルファンタジーXV(5章途中まで)

今回のゲーム   その前の感想はこちら 【ゲーム感想】ファイナルファンタジーXV(2章途中まで) 感想 いやもう苦行になっています。 普通RPGやるときは、だいたい次の展開が楽しみで夜を徹してプレイするのが今までの慣例だったんですけどFF15は全然そんな事なく。 時間ができてどうしよってなった時の最終選択肢というか。 ストーリーだけ追っかけていてこんな調子なので、サブストーリーとか全部や […]

【ゲーム感想】ファイナルファンタジーXV(2章途中まで)

今回のゲーム 感想 ファイナルファンタジー15を今更ながらにプレイ。 体験版はプレイ済みなので、1章自体はサクっと終わらそうかと思ったけども、 モンスター討伐とかイベントとか全部見えてる分はやろうとしてたら結構なプレイ時間に。 レベル高いモンスターでもアイテムとか駆使してたら倒せるので難易度的にも(ノーマル)ちょうど良かったです。 ただダルい。飽きる。 結局お使いイベント以上でも以下でもないし、や […]

【読書感想】賢者の怖れ 3 (キングキラー・クロニクル 第2部)

今回の本 月刊キングキラー・クロニクル。今回も最高でした。表紙カバーイラストが落ち着いた雰囲気なのが、嵐の前の静けさという感じ。   あらすじと登場人物 あらすじ 生活も落ち着き、平穏無事な生活を取り戻したように見えたクォートだったが、ある日突然逮捕され、古めかしい裁判に巻き込まれる。原因は往来で風の名前を唱えた事。先生や自身の弁舌でもってなんとか無罪にはなったが、長きに渡るアンブローズ […]

【読書感想】ウィッチャーIII 炎の洗礼

今回の本 あらすじと登場人物 あらすじ 魔法使いの会議にて重症を負い、木の精によって癒やされていたゲラルトだったが、姿を消したシリを追うべく、ニルフガードに向かおうとする。しかし国境地帯は帝国と北方諸国の争いで今や地獄の様相だった。 盗賊団「ネズミ」に拾われ、メンバーの「ファルカ」として行動するシリ。躊躇なく人を斬る事の楽しさに目覚めつつあるが、毎晩うなされるようになっていた。 魔法使いの争いに巻 […]

【読書感想】ウィッチャーI エルフの血脈

今回の本 8年前に出版されたエルフの血脈 (魔法剣士ゲラルト)が、ゲームのウイッチャーシリーズの反響を受けて改題した新装版。8年前の方も読んでいたものの、一向に続きがでなくてガッカリしていた思い出。こんな形で再び続きを読めるようになるとは。 あらすじと登場人物 あらすじ 肉体を魔法や霊薬で強化し、魔物を狩る魔法剣士<ウイッチャー>のゲラルトは、滅ぼされた国の王女シリと出会い、彼女をウイ […]

【読書感想】賢者の怖れ 1 (キングキラー・クロニクル 第2部)

今回の本 第二部開始。宿屋の主人が語る伝説の男としての過去、その二日目。 あらすじと登場人物 あらすじ 憑りつかれた傭兵が宿屋を襲った次の日、宿屋の主人コートは紀伝家に対して伝説の秘術士クォートだった頃の物語の続きを語る。 大学生活は相変わらず金欠に喘いでいる以外は順調。学業も音楽も、愛しのデナとの関係も問題ないように思えたが、学費を決める為の試験の前に、憎みあっているライバルであるアンブローズに […]

【読書感想】風の名前 5 (キングキラー・クロニクル第1部)

今回の本 ついに第一部(一日目)の最終巻。 あらすじ チャンドリアンの痕跡を調査する為トレボンへと向かったクォート。虐殺の現場となった農場で調査を開始したが、唯一の生き残りは愛しのデナであった。 デナははぐれてしまった自分のパトロンを探すためといい、クォートと行動を共にすることになるが、二人は青い炎を吐くドラッカス(ドラゴン)と遭遇する。ドラッカスは金になるという事で撃退を考える二人だったが、デナ […]

1 4