「ファンタジー」の検索結果 51件

1/5ページ

海外サイトが選ぶ傑作ファンタジー100選の邦題を調べてみた

はじめに 下記の海外サイトUNBOUNDWORLDSにて紹介している、(UNBOUNDWORLDSの筆者が選んだ)傑作ファンタジー小説100選を読んだところ、どれも最高のファンタジー小説ですがいくつか知らないタイトルがあったのと、日本語に翻訳されているものがどれだけあるか気になったので調べてまとめてみました。 ※翻訳したわけではないので、選出理由やあらすじなどは原文ページでご確認ください The […]

ファイナルファンタジーⅫ ザ ゾディアック エイジ 1週目クリアの感想

1週目クリアしましたので以下感想です。  ストーリー&世界観 イヴァリースと呼ばれる世界。砂漠の王国ダルマスカは北には軍事帝国アルケイディア、西にはその敵国であるロザリアに挟まれていた。ダルマスカは圧倒的な力を持つアルケイディアとの戦争に敗れ、全面降伏を決意するが、その調印式の場でダルマスカの降伏反対の過激派によりダルマスカ王は殺され、王女も自殺、ダルマスカはアルケイディアに占領される。 […]

おすすめファンタジー小説 大人向け編

ファンタジーというジャンルの小説の中で、大人向き(主に翻訳物)のおすすめを書き出していきます。 前に書いた児童文学篇はこちら。 今回は大人向け。薦めたい本がありすぎて自分で混乱してしまった為、厳選して5冊。 大人向きといっても色々ありますが、単に18禁のエログロという事ではなく、大人が読んで面白いと思う(子供にはまだちょっと早い)ぐらいのイメージです。 新世界より あらすじ ここは病的に美しい日本 […]

おすすめファンタジー小説 海外児童書(子供向け)編

はじめに 子供の頃からファンタジーな児童書が好きだったので、大人になった今でもハヤカワ文庫の新刊をチェックするぐらいにはファンタジーが好きな大人になりました。 ここでは、私が読んできた中で特に大きく影響を受けたファンタジー児童書(海外翻訳児童書)を紹介したいと思います。 主にハイファンタジー*1で、だいたい私が小学生の間には読み終えていますが、中高生や大人でも新たな発見があって楽しめると思います。 […]

【ゲーム感想】ファイナルファンタジーXV(クリア)

今回のゲーム 途中までの感想はこちら 【ゲーム感想】ファイナルファンタジーXV(2章途中まで) 【ゲーム感想】ファイナルファンタジーXV(5章途中まで) 感想 いまちょうどエンディング見てるところなんですがね。 全然感動しなくてもうガッカリ。 どんな微妙なゲームだったとしても、最後に感動できればいいなーとか思ってたけどそんな事もなくて、ちょっとでも期待してしまった自分にガッカリ。 いい所をあげると […]

【ゲーム感想】ファイナルファンタジーXV(5章途中まで)

今回のゲーム   その前の感想はこちら 【ゲーム感想】ファイナルファンタジーXV(2章途中まで) 感想 いやもう苦行になっています。 普通RPGやるときは、だいたい次の展開が楽しみで夜を徹してプレイするのが今までの慣例だったんですけどFF15は全然そんな事なく。 時間ができてどうしよってなった時の最終選択肢というか。 ストーリーだけ追っかけていてこんな調子なので、サブストーリーとか全部や […]

【ゲーム感想】ファイナルファンタジーXV(2章途中まで)

今回のゲーム 感想 ファイナルファンタジー15を今更ながらにプレイ。 体験版はプレイ済みなので、1章自体はサクっと終わらそうかと思ったけども、 モンスター討伐とかイベントとか全部見えてる分はやろうとしてたら結構なプレイ時間に。 レベル高いモンスターでもアイテムとか駆使してたら倒せるので難易度的にも(ノーマル)ちょうど良かったです。 ただダルい。飽きる。 結局お使いイベント以上でも以下でもないし、や […]

【読書感想】賢者の怖れ 5(キングキラー・クロニクル 第2部)

今回の本 タイトル:賢者の怖れ 5 (キングキラー・クロニクル 第2部) 著者:パトリック ロスファス   あらすじと登場人物 あらすじ 大公より盗賊団を追う事を命じられたクォート。傭兵2人、追跡人1人、アデム人傭兵1人と共に森に潜む盗賊団の捜索を開始する。 個性豊かな傭兵達と共に探索するも結果はなかなか出ない。しかし追跡の合間に、雇うには傭兵数人分が必要と言われるアデム人傭兵のテンピに […]

【読書感想】竜のグリオールに絵を描いた男

今回の本 タイトル:竜のグリオールに絵を描いた男 著者:ルーシャス・シェパード 表紙・タイトルに凄く惹かれて。中・小編の4編からなる作品です。 あらすじと登場人物 あらすじ 巨大な竜グリオール、過去に魔法使いにより動きを止められたこの竜は、そのまま死ぬことなくその場で大きくなり続けた。その背には町があり、森があり、川があった。 しかし、この竜は人の行動に影響を与える強い思念を持っており、周囲の人間 […]

【読書感想】帰還―ゲド戦記

今回の本 タイトル:帰還 ゲド戦記4 著者:アーシュラ・K. ル=グウィン あらすじと登場人物 あらすじ ゴント島で静かに暮すゴハ。彼女は世界に平和をもたらしたエレス・アクベの腕輪をゲドと共に発見したテナーその人だったが、華々しい生活を望まず、農家と結婚し、子どもたちは成長して家を出て、夫に先立たれた身。 そんな彼女と暮らすのはテヌーという半身に重度の火傷を負った女の子。親やその仲間に虐待され、見 […]

【映画感想】ペンギン・ハイウェイ

今回の映画 ペンギン・ハイウェイを映画館に見に行ってきました。森見登美彦原作ですが、原作は未読です。 あらすじと登場人物 あらすじ アオヤマ君は小学校4年生。日々感じる謎をノートと手帳に記録するとても優秀な男の子。歯医者に勤める不思議な魅力のお姉さんと(そのおっぱい)が大好きで、とても興味を持っている。 ある日、町に大量のペンギンが現れ、そして消える事件が発生。アオヤマ君はその謎を突き止めようと友 […]

【読書感想】賢者の怖れ 4 (キングキラー・クロニクル 第2部)

今回の本 タイトル:賢者の怖れ 4 (キングキラー・クロニクル 第2部) 著者:パトリック ロスファス 表紙絵見てびっくり。急にRPGというか冒険ものに?と。宮廷で陰謀渦巻く権謀術数の知略勝負してたのでは?と思いながら読み進めると、そのスムーズな切り替えというか納得のいく場面転換で、ホントこの作者のこういうの好きって思いました。   あらすじと登場人物 あらすじ 大学での争いを避ける為、 […]

1 5