「ファンタジー」の検索結果 41件

2/4ページ
  • 2018.04.14

【読書感想】ホビットの冒険〈上〉

今回の本 児童書の傑作。子供向きファンタジーで一番好き。 3年ぶり10回目ぐらいの再読。未だに新たな発見があって楽しめるのはすごい。今回はとりあえずホビット→指輪物語の流れで順番に読んでいきたい。合間に映画を見てもいいかも。 あらすじ ホビットと呼ばれる小人族。その中でも善良で”分別”のあるビルボのもとに、魔法使いのガンダルフが冒険の旅へ誘いに来る。 その冒険とは、13人の […]

  • 2018.03.27

【ゲーム感想】ダークソウル2

はじめに アクションゲームが苦手な上に死にゲー、マゾゲーと名高いダークソウルシリーズなんて無理無理と何度も行っているのに、友人が「ダークファンタジーだしフレーバーも良いし絶対やった方がいい」と何度も言うのでついにプレイする事に。 デモンズ~ダークソウル~ブラッドボーンとシリーズ類似作品いっぱいあるけど、難易度的に一番簡単と前述の友人に薦められたのとSteamのセールで2年前に(なぜか)購入していた […]

  • 2018.03.05

【読書感想】図書館島

今回の本 ちょっと前からツイッターで東京創元社をフォローしていて、本の発売日や一般ユーザーの感想が自分のタイムラインに流れてくるようになっている中、すごく気になっていたのがこの本「図書館島」。帯の世界幻想文学大賞受賞等や、タイトルの響きからずっと気になっていたんですがついに文庫になるのも待ち遠しかったので買っちゃいました。 あらすじ 文字を持たぬ島に生まれた裕福な家の息子ジェヴィックは、父親が北の […]

  • 2018.02.08

【読書感想】屍人荘の殺人

今回の本 ツイッターのタイムラインでずっと絶賛されている(東京創元社をフォローしているから当たり前なのだが)からずっと気になっていて、図書館で借りるかーと思ったら70人待ち。1人約2週間借りているとして約2年半待たないといけないってのは流石に無理だなーという事で普通に購入しました。文庫を待つにも長そうでしたし。 あらすじ 神紅大学ミステリ愛好会の<ホームズ>明智と<ワトソン> […]

  • 2018.02.02

【読書感想】龍のすむ家

今回の本 本屋で文庫になっているのを発見したので衝動買い。タイトルはどこかで見たことあるレベルというぐらいの事前知識でした。 あらすじ 下宿先を探す大学生のデービットはある気になる下宿人募集の張り紙をみつける。そこには「下宿人募集——ただし、子どもとネコと龍が好きな方。」とある。 何か秘密をもつ下宿先母娘との交流と、部屋の至るところにある龍の置物。そして庭にいるリスとの物語。 感想 竜じゃなくて龍 […]

  • 2018.01.09

【読書感想】紙の動物園

今回の本   紙の動物園 あらすじ 父さんはアメリカ人。母さんは父さんがカタログで選んだ香港の人だった。英語もろくに喋る事ができない母さんは、不思議な魔法を使うことができた。僕が求めるままに母さんが作った折り紙の動物達は、自由に動くことができたんだ。   感想 読書後に大きなため息。本の帯にあった通り激しく心を揺さぶられた。この作者にしか書けない本当に繊細な心の機微を描いていて […]

  • 2017.11.26

【読書感想】紙の魔術師

今回の本 あらすじ 魔術が高度な専門技術とみなされている1900年代初めのロンドン。魔術師養成学院を卒業したシオニーは、金属の魔術師になりたかったのに、人気のない紙の魔術の実習を命じられた。そのうえ師匠の折り師セインは変わり者。だが気の進まない勉強を続けるうちに、彼女は紙の魔術の魅力と師匠の優しさに気づきはじめる。そんなある日、セイン師が禁断の魔術の使い手に襲撃され…!魔法きらめく歴史ファンタジイ […]

NO IMAGE

About

【ブログについて】 このブログは、主に翻訳ファンタジー系の読書感想や映画・ゲームの感想を書いています。     ■プライバシーポリシー 当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者 […]

  • 2017.08.28

【読書感想】図書館の魔女

今回の本 ずっと読みたかった本。読み終わった後、この本を楽しんで読める事ができた自分の読書人生に感謝しました。 あらすじ 山奥の村で育った少年キリヒトは、師に連れられ首都の「高い塔」と呼ばれる世界最古の図書館の管理人、マツリカの元で働く事になる。 声を持たず、手話で話す少女マツリカ。だが彼女は「言葉」を巧みに操り、人の心理、国の方針、世界の流れをも変える「高い塔の魔女」と呼ばれる存在だった… 感想 […]

  • 2017.07.07

【読書感想】スワン・ソング

今回の本 あらすじ ブラム・ストーカー賞最優秀長篇小説賞、日本冒険小説協会大賞受賞。第三次世界大戦勃発。核ミサイルによる炎の柱と放射能の嵐が全土を覆い尽くした。生き延びた人々を待っていたのは、放射能障害、「核の冬」の極寒、そして過去の遺物の争奪…死よりなお凄惨な狂気の世界であった。核戦争後のアメリカ大陸を舞台に繰り広げられる世界再生の鍵を握る少女スワンを巡る聖と邪の闘い。世紀末の黙示録神話を描く「 […]

  • 2017.06.20

FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGEのジョブ組み合わせを考えるだけで時間足りない

 発売まで1ヶ月を切ったFINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE。面倒だから以下FF12TZA。 前にとにかく待ちきれないという事を書きましたが、最近は待ちきれない間の時間潰しという事でジョブの組み合わせを考える事が自分の中で流行っています。 ジョブの種類と特徴は下記。 ジョブの種類と特徴 白魔導士 :回復やサポートが得意 ウーラン :槍による攻撃が得意 機工士  […]

  • 2017.06.16

【読書感想】四日間の奇蹟

今回の本 このミステリーがすごい!の第一回大賞という事で結構有名作品らしいのだが、「このミス」なんてチーム・バチスタの栄光ぐらしか読んだことない僕には全くピンと来ず。とりあえず友人に薦められるまま読んでみることに。このミス大賞ですけどファンタジー好きなら大丈夫ですよとの事。なるほど。 あらすじ  指を失ってピアノを引けなくなった天才ピアニスト如月と、その指を失う間接的な原因であり、脳に障 […]

1 2 4
:)