2/7ページ

2/7ページ

【読書感想】ホビットの冒険〈下〉

今回の本 あらすじ 姿を隠すことが出来る魔法の指輪を手に入れたホビットのビルボに導かれ、ドワーフ達は長い旅の果てに父祖の財宝が眠るはなれ山に到着した。 宝を取り戻したいドワーフ、眠りを邪魔された邪竜スマウグ、スマウグに狙われる湖の町の人間たち。ドワーフを嫌う闇の森のエルフにゴブリン、狼、魔法使い…各勢力の思惑がうごめく中、ホビットのビルボ・バギンズがとった行動とは… 感想 何度も読んだにもかかわら […]

【ゲーム感想】英雄伝説 閃の軌跡3

はじめに 閃の軌跡3をプレイしました。一応これまでの軌跡シリーズは全部プレイしています。 あらすじ 前回の内乱より、灰色の騎士として帝国各地で勇名を轟かせたリィン・シュバルツァー。彼は出身校であるトールズ士官学院の第II分校に教師として赴任する事になる。 過去に自分も所属していたⅦ組の担任として、新Ⅶ組のメンバーと共に「特別演習」を通じて絆を結んでいくが、やがて前回の内乱から燻る帝国の歪みや、古代 […]

  • 2018.04.15
  • ,

【映画感想】パシフィック・リム アップライジング

パシフィック・リム アップライジング見てきました。 あらすじ 前回の壮絶な戦いから10年。世界は平和を取り戻したように見えたが、新たな怪獣の到来に備え、新しい世代のイェーガーの操縦者を集め育てられていた。しかし突如、所属不明の謎のイェーガーが町を襲い、多くの犠牲が出ることになる。 その混乱に乗じる形で、大企業シャオ製の遠隔操作で動く新たなイェーガーの全基地への配備が決定される事になり、怪獣からの防 […]

【読書感想】ホビットの冒険〈上〉

今回の本 児童書の傑作。子供向きファンタジーで一番好き。 3年ぶり10回目ぐらいの再読。未だに新たな発見があって楽しめるのはすごい。今回はとりあえずホビット→指輪物語の流れで順番に読んでいきたい。合間に映画を見てもいいかも。 あらすじ ホビットと呼ばれる小人族。その中でも善良で”分別”のあるビルボのもとに、魔法使いのガンダルフが冒険の旅へ誘いに来る。 その冒険とは、13人の […]

【読書感想】14歳のバベル

今回の本 「バベル」と聞くとバベルの塔、中でもブリューゲルの絵画のようなバベルの塔を連想するわけですが、この作品に登場する「バベル」はその元ネタとも言われる物が登場します。しかしそれ以外の意味もたくさん含んでいる青春物語でした。 あらすじ 8年前、日本全土を襲ったテロにより、人々は関東地方に押し込まれ、日本は電子機器(インターネット)を使わないアナログ生活を送ることを選択した。 その時のテロでトラ […]

【ゲーム感想】ダークソウル2

はじめに アクションゲームが苦手な上に死にゲー、マゾゲーと名高いダークソウルシリーズなんて無理無理と何度も行っているのに、友人が「ダークファンタジーだしフレーバーも良いし絶対やった方がいい」と何度も言うのでついにプレイする事に。 デモンズ~ダークソウル~ブラッドボーンとシリーズ類似作品いっぱいあるけど、難易度的に一番簡単と前述の友人に薦められたのとSteamのセールで2年前に(なぜか)購入していた […]

【読書感想】真実の魔術師

今回の本 魔術師シリーズの最終巻。紙の魔術師シオニーの最後の戦いです あらすじ 前回の戦いから2年ほど経ち、シオニーは魔術師の卒業試験の準備に明け暮れていた。 無事に魔術師になれれば師匠であるエメリーとの関係も堂々と公言できるが、卒業試験の試験官は過去にエメリーと確執があった魔術師であり、試験までの期間はその魔術師の家に滞在する事に。 そんな時、シオニーとその家族の命を狙う血を操る魔術師が脱走し、 […]

【読書感想】図書館島

今回の本 ちょっと前からツイッターで東京創元社をフォローしていて、本の発売日や一般ユーザーの感想が自分のタイムラインに流れてくるようになっている中、すごく気になっていたのがこの本「図書館島」。帯の世界幻想文学大賞受賞等や、タイトルの響きからずっと気になっていたんですがついに文庫になるのも待ち遠しかったので買っちゃいました。 あらすじ 文字を持たぬ島に生まれた裕福な家の息子ジェヴィックは、父親が北の […]

【映画感想】グレイテスト・ショーマン

はじめに ちょっと車のバッテリーが上がるというやらかしをしてしまい、出かける理由を無理やり作るために映画館へ。 どれもピンと来るものが・・・と思っていたらこのグレイテスト・ショーマンが。かなり前にユーチューブで予告編みたものの、その後の情報も何も調べてなかったですがそのまま入りました。 あらすじ 貧乏な仕立て屋の息子バーナム。上流階級に位置する幼馴染の令嬢チャリティと結婚したものの、二人の娘をかか […]

【読書感想】屍人荘の殺人

今回の本 ツイッターのタイムラインでずっと絶賛されている(東京創元社をフォローしているから当たり前なのだが)からずっと気になっていて、図書館で借りるかーと思ったら70人待ち。1人約2週間借りているとして約2年半待たないといけないってのは流石に無理だなーという事で普通に購入しました。文庫を待つにも長そうでしたし。 あらすじ 神紅大学ミステリ愛好会の<ホームズ>明智と<ワトソン> […]

【読書感想】龍のすむ家

今回の本 本屋で文庫になっているのを発見したので衝動買い。タイトルはどこかで見たことあるレベルというぐらいの事前知識でした。 あらすじ 下宿先を探す大学生のデービットはある気になる下宿人募集の張り紙をみつける。そこには「下宿人募集——ただし、子どもとネコと龍が好きな方。」とある。 何か秘密をもつ下宿先母娘との交流と、部屋の至るところにある龍の置物。そして庭にいるリスとの物語。 感想 竜じゃなくて龍 […]

【読書感想】翔けゆく風 (グイン・サーガ142巻) 

今回の本 <グイン・サーガ>の142巻。毎度ながらすごい数字でピンと来ませんがそういうことみたいです。もはや200巻までに完結してくれたらそれでいいやの気持ち。   あらすじ ミロクの降臨により熱狂と興奮に包まれるヤガ。 魔道士達の戦いに巻き込まれたドライドン騎士団の副団長ブラン、イェライシャに救出されたヨナとフロリー、勝手気ままに動くミロクの高僧であるソラ・ウィンとヤモイ・ […]

1 2 7