飛騨高山一人旅

シリーズ投稿:

  1. 【長野】飛騨高山一人旅 – 飛騨古川、高山陣屋
  2. 【長野】飛騨高山一人旅 – 宮川朝市、白川郷 (この記事)
  3. 【岐阜】飛騨高山一人旅 – 下呂温泉

飛騨高山2日目です。温泉がついているホテルに止まったので前日結構歩いたのに爽快な朝。

雪がパラついていましたが傘はいらないぐらいの風情ある朝でした。

高山

三町筋

とりあえず腹ごしらえも含めて出歩こうと歴史地区である三町筋へ。

 

見たとおりの趣ある建物が並びます

早朝だったのと月曜という事で全然人はおらず。

 

宮川朝市

地元農産物等様々な物が売られる市場。毎日開催。

 

川沿いにあるザ地元という感じの朝市。観光コースなようで、団体客が結構いました。

土産物だったり野菜だったり飛騨牛の云々だったり。

という事で飛騨牛の牛串をば。朝から贅沢です。写真撮り忘れましたが飛騨牛の肉まんも食べてます。どちらも美味。朝食にしては贅沢です。

 

飛騨高山まちの博物館

高山城下町の歴史や、その中で育まれてきた美術工芸、伝統文化などを紹介している博物館。入館無料。

 

ちょうど特別展として飛騨国を領有していた金森一族の展示やっていたので入りました。6代目の時に幕府に目をつけられて(諸説あり)天領に変わったとか。その他地域の祭りや文化等、勉強になりました。

 

CENTER4 HAMBURGERS

飛騨牛バーガーの店。「外国人に人気の日本のレストラン」ランキングで2位に輝いたこともある店です。

 

飛騨牛バーガー。ここに来たくて飛騨に来たといっても過言では。ずっと食べたかった。

大きいハンバーガー。バンズもパティもポテトもトマトも全部最高でした。思い出しただけでヨダレが。

 

白川郷

たっぷり食べた所で世界遺産である白川郷へ。高山駅からバスで1時間ほど。バスにも指定席のものがあったりしたので、戸惑わないようにあらかじめ指定席とりました。ネットでできるし便利。

 

そして白川郷。雪がちょっと残ってていい感じ。

 

長瀬家

250年つづく旧家。5層建ての合掌造り家屋。

 

もともと民家で、一部スペース以外を見学用に開放している感じ。

日本昔話にあるような

上の階へ。天井の隙間からさらに上が見えます

昔使われていた道具が展示されていました

機織り機。

なぜか一番大事?な外観を写真撮ってませんでした。

 

散策

残念ながら一番有名な白川郷を一望できる展望台への道が雪の為封鎖。徒歩ではいけないらしいので村に出て適当にブラブラ。帰りのバスまでは結構あるので(思った以上に)時間はたっぷり。

村の奥の方へブラブラしていると山道を発見。特に閉鎖されてなかったので登ってみたら頑張って先に登れば眺望が広がってそうな場所が。とりあえず進んでみるが雪がすごくてすごくて。この旅行の為に水はじく靴買ってて良かったです。

で、結局登ってみても眺望は全然よくなく。足を濡らしただけでした。

消火栓。雪国ならではというか。

神社

 

野外博物館 合掌造り民家園

白川郷の使われなくなった合掌造りの建物を移築・保存して作られた博物館。

 

ここは本当に当時の様相を見学できる形にしていました。ここ以外は本当に民家で住んでいますもんね。

雪だるま

散策その2

博物館を出て適当にブラブラ

歩いているだけで楽しいです

おやつの五平餅。味噌ダレ。はじめて食べましたがかなり美味しく。

気づけば日も落ちて。雪も降ってきてカメラ向けるのも一苦労でしたが、幻想的ではありました。

高山

バスで高山に戻って。たっぷり歩いてお腹も空いたし、この日もやっぱり美味しいもの食べたい行動を。

弱尊

高山の有名カレー店。店外までカレーの良い匂いが漂っていました。

 

これもハンバーガーと並んで行く前から食べたかったカレー!飛騨豚カツカレーを注文しました。

先日の飛騨古川で食べたカレーも美味しかったですがこちらも絶品。次の日の出発時間がもう少し遅ければ、次の日の昼にも来れたのに・・・と悔しがりました。

 

終わりに

この後ホテルへ戻ってコンビニで地酒飲んだり満喫しました。この日も歩きっぱなしで疲れは結構たまってますが、やっぱり温泉はいいですね。結局この後3回ぐらい温泉に入って身も心もリフレッシュしていました。

そんな感じの飛騨高山一人旅2日目。次の日が最終日です。

 

次のシリーズ投稿へ:

Port国内旅行旅行・一人旅長野飛騨高山2日目です。温泉がついているホテルに止まったので前日結構歩いたのに爽快な朝。 雪がパラついていましたが傘はいらないぐらいの風情ある朝でした。 高山 三町筋 とりあえず腹ごしらえも含めて出歩こうと歴史地区である三町筋へ。   見たとおりの趣ある建物が並びます 早朝だったのと月曜という事で全然人はおらず。   宮川朝市 地元農産物等様々な物が売られる市場。毎日開催。   川沿いにあるザ地元という感じの朝市。観光コースなようで、団体客が結構いました。 土産物だったり野菜だったり飛騨牛の云々だったり。 という事で飛騨牛の牛串をば。朝から贅沢です。写真撮り忘れましたが飛騨牛の肉まんも食べてます。どちらも美味。朝食にしては贅沢です。   飛騨高山まちの博物館 高山城下町の歴史や、その中で育まれてきた美術工芸、伝統文化などを紹介している博物館。入館無料。   ちょうど特別展として飛騨国を領有していた金森一族の展示やっていたので入りました。6代目の時に幕府に目をつけられて(諸説あり)天領に変わったとか。その他地域の祭りや文化等、勉強になりました。   CENTER4 HAMBURGERS 飛騨牛バーガーの店。「外国人に人気の日本のレストラン」ランキングで2位に輝いたこともある店です。   飛騨牛バーガー。ここに来たくて飛騨に来たといっても過言では。ずっと食べたかった。 大きいハンバーガー。バンズもパティもポテトもトマトも全部最高でした。思い出しただけでヨダレが。   白川郷 たっぷり食べた所で世界遺産である白川郷へ。高山駅からバスで1時間ほど。バスにも指定席のものがあったりしたので、戸惑わないようにあらかじめ指定席とりました。ネットでできるし便利。   そして白川郷。雪がちょっと残ってていい感じ。   長瀬家 250年つづく旧家。5層建ての合掌造り家屋。   もともと民家で、一部スペース以外を見学用に開放している感じ。 日本昔話にあるような 上の階へ。天井の隙間からさらに上が見えます 昔使われていた道具が展示されていました 機織り機。 なぜか一番大事?な外観を写真撮ってませんでした。   散策 残念ながら一番有名な白川郷を一望できる展望台への道が雪の為封鎖。徒歩ではいけないらしいので村に出て適当にブラブラ。帰りのバスまでは結構あるので(思った以上に)時間はたっぷり。 村の奥の方へブラブラしていると山道を発見。特に閉鎖されてなかったので登ってみたら頑張って先に登れば眺望が広がってそうな場所が。とりあえず進んでみるが雪がすごくてすごくて。この旅行の為に水はじく靴買ってて良かったです。 で、結局登ってみても眺望は全然よくなく。足を濡らしただけでした。 消火栓。雪国ならではというか。 神社   野外博物館 合掌造り民家園 白川郷の使われなくなった合掌造りの建物を移築・保存して作られた博物館。   ここは本当に当時の様相を見学できる形にしていました。ここ以外は本当に民家で住んでいますもんね。 雪だるま 散策その2 博物館を出て適当にブラブラ 歩いているだけで楽しいです おやつの五平餅。味噌ダレ。はじめて食べましたがかなり美味しく。 気づけば日も落ちて。雪も降ってきてカメラ向けるのも一苦労でしたが、幻想的ではありました。 高山 バスで高山に戻って。たっぷり歩いてお腹も空いたし、この日もやっぱり美味しいもの食べたい行動を。 弱尊 高山の有名カレー店。店外までカレーの良い匂いが漂っていました。   これもハンバーガーと並んで行く前から食べたかったカレー!飛騨豚カツカレーを注文しました。 先日の飛騨古川で食べたカレーも美味しかったですがこちらも絶品。次の日の出発時間がもう少し遅ければ、次の日の昼にも来れたのに・・・と悔しがりました。   終わりに この後ホテルへ戻ってコンビニで地酒飲んだり満喫しました。この日も歩きっぱなしで疲れは結構たまってますが、やっぱり温泉はいいですね。結局この後3回ぐらい温泉に入って身も心もリフレッシュしていました。 そんな感じの飛騨高山一人旅2日目。次の日が最終日です。   にごり酒白川郷2本セット720×2本(岐阜県) posted with カエレバ じざけや限定 三重県セット Amazonで探す 楽天市場で探す自分用備忘録。深く考えずに浅く翻訳ファンタジーの感想や旅行した時の写真記事などを書いてます。

-------広告-------