スポンサーリンク

はじめに

公開から何日か経ってしまいましたが、できるだけ情報とか感想を目にしないようにしてスター・ウォーズ/最後のジェダイを鑑賞してきました。

事前情報は本当に何もなし。CMで流れても薄目にするぐらいの謎の徹底具合でした。でもこれやると新キャラクターの名前が覚えられなかったりするんですけどね…。

で、以下展開やネタバレ含まない程度の感想。

 

感想

良かった所

  • 始まった瞬間のあのテーマBGMと下から上へのあのストーリー導入のやつ。やっぱこれよこれ!って感じで最初から大興奮。やっぱりIMAXで大音量が吉です。
  • 今回本格的に登場したルークがかなりお茶目な人に。昔からハン・ソロとのやり取りはユーモアがあったけども年を取ってお茶目なお爺ちゃんになった感じ。でも力(マスター・ジェダイ)を持ってるから割と手におえない。しかし何とも言えないステレオタイプ的老人の頑固さはちょっとアレだったが。
  • 新キャラ(後で調べたらポーグというらしい)の動物かわいい。というかあざとい。こいつが動くたびに映画館でもちょっとした笑いが起こってた。
  • R2-D2は卑怯。ほんと卑怯。
  • BB8も相変わらずのあざとさ。ほんと卑怯。若干チート気味ではあるがいい相棒よなぁ。
  • 殺陣も良かった。やっぱりスターウォーズの華はこれよって感じ。キャラクターのレベルアップも感じられる。
  • エピソード7の時はなんだこいつはと思っていたカイロ・レンが今作エピソード8で随分魅力的なキャラクターに。だいぶ物語が進んで掘り下げられて理解できた感じ。
  • エピソード7では最後に一瞬だけ映ったスケリグ・マイケルがメインロケ地だったのでかなり堪能。あの島に行くまでの苦労とか登攀のしんどさとかをキャスト・スタッフも味わったのかなーって。というかよくロケできた。下がその時の写真記事。

微妙だった所

  • そこまでのスターウォーズファンでも無いけどもフォースの設定が過去と変わっている?概念が新しくなったような…
  • 新キャラのアジア系の女の人はちょっと取って付けた感があってあまり感情移入できず。
  • レイア姫のアレはちょっと…となった。最初笑ったけど、そういう映画じゃないよって。
  • ワープアタックはなぁ。これやるともう世界観が…

 

こんな所でしょうか。本当はもっと色々思ったはずなのでメモでも持って行けばよかったと後悔。次いくならそうします。

昔から言われている、衣装によってフォースの暗黒面にどれだけ寄せているかわかるというやつを頭に入れてみれば中々興味深く見れるんじゃないかなと思います。もう今からエピソード9が待ち遠しい!フォースと共にあらんことを!

スポンサーリンク
おすすめの記事