あらすじ

第二次世界大戦で日本とドイツが勝利し、アメリカ西海岸が日本の統治下におかれて、40年。巨大ロボット兵器「メカ」が闊歩するこの「日本合衆国」で、検閲局に勤める帝国陸軍の石村大尉は、特別高等警察の槻野課員の訪問を受ける。槻野は石村のかつての上官、六浦賀将軍の消息を追っているという。高名な軍事ゲーム開発者の六浦賀は、先の大戦でアメリカが勝利をおさめた改変歴史世界を舞台とするゲーム「USA」をひそかに開発し、アメリカ人抵抗組織に協力しているらしい。石村は槻野とともに六浦賀を捜索することになるが―21世紀版『高い城の男』の呼び声が高い話題沸騰の改変歴史SF。(「BOOK」データベースより)

感想

びっくりするほど表紙詐欺。評判が良いという事と表紙しか知らなかったのでてっきり日本から影響受けた系アメリカ物ロボットアクション(パシフィック・リムみたいなの)を想像していたのに、どちらかというとブレードランナー。太平洋戦争で日本が勝利したIf世界で、アメリカ西海岸を舞台に人探し。ストーリーの軸は渋い。

第二次大戦で枢軸側が勝利したIFストーリー物の元祖、高い城の男に影響された作品ではあるけども、高い城の男との一番の違いはロボットメカ。二足歩行で人間が乗り込めるガンダムのようなロボットが戦争の決定打となって勝利したという設定だけど、ロボットはあくまで舞台装置の1つ。細かな兵装とかスペックはいまいち不明。「いやいや日本がアメリカに勝つという事はロボットが活躍したからに決まってるだろ!」と言われて納得しないといけない感じ。ちょっと強引。でもわかる。

主人公は二人。女好きで凄腕ハッカーというわかりやすいタイプに見えて厭世的で難しい性格の石村大尉と日本皇国に絶対の忠誠を誓う特高の槻野。二人の視点が適度に切り替わる感じ。(槻野が特高というだけあって日本に対する不忠を見せたら即粛清されそうな雰囲気ではあるが)相性が良いのか悪いのかわからない二人が謎を追うというような展開だけど、特高というだけあって割りと拷問シーンとの関わりが多く、結構グロくてキツい展開も多くて目が離せず。拷問のシーンのたびに想像してしまい読みながら悶えてた。

しかし日本が勝利した世界というだけあって、英語(カタカナ表記)が消えて日本語名になっているのが個人的には辛いトコ。パソコン系が全部「電卓」という言葉に変わっるとか。電卓の達人と言われてもピンと来ない。もうちょっと良い訳語は無かったのかと思うけども戦前日本のセンスを受け継いでるとまぁこんなもんかとも思う。登場人物たちの姓名も珍し過ぎるものを使っていて(主人公の名前の紅功とか六浦賀将軍とか)、アニメやラノベだといいけどこういうIFストーリーなら結構興冷め。IF設定ならではのリアリティに引き込まれたいのに現実に引き戻された。残念。

書いた人が韓国系アメリカ人で、めちゃくちゃ日本を調べて勉強しているし自身の差別体験からの日本統治下での米国人・日系人の扱いとかのイメージは本当にうまくいってるけども、ちょこちょこ出てくるよくあるアメリカ人が間違って認識している日本みたいなのが出てきて、そこは逆にクスっとしてしまった。そういうのを見ると日本人が書いた太平洋戦争逆転IF物読みたいと思ったけども日本人がきちんと歴史や天皇制と向き合って書くにはタブーが多すぎるからなぁと今作を読んで改めて思ったり。あと同じように米国人からヘンテコ合衆国って笑われそう。なかなか文化の根底が違うから別視点で書くのは難しいよね。。

面白かったかと言われたら普通。個人的趣味にあっていたかといわれるとNOではあるんだけど、たぶん映像映えする作品。映画化したら是非見たい作品でした。

関連リンク

https://i2.wp.com/fantasyport.net/wp-content/uploads/2017/11/download.jpg?fit=301%2C167https://i2.wp.com/fantasyport.net/wp-content/uploads/2017/11/download.jpg?resize=150%2C150Port感想・レビュー海外文学あらすじ 第二次世界大戦で日本とドイツが勝利し、アメリカ西海岸が日本の統治下におかれて、40年。巨大ロボット兵器「メカ」が闊歩するこの「日本合衆国」で、検閲局に勤める帝国陸軍の石村大尉は、特別高等警察の槻野課員の訪問を受ける。槻野は石村のかつての上官、六浦賀将軍の消息を追っているという。高名な軍事ゲーム開発者の六浦賀は、先の大戦でアメリカが勝利をおさめた改変歴史世界を舞台とするゲーム「USA」をひそかに開発し、アメリカ人抵抗組織に協力しているらしい。石村は槻野とともに六浦賀を捜索することになるが―21世紀版『高い城の男』の呼び声が高い話題沸騰の改変歴史SF。(「BOOK」データベースより) 感想 びっくりするほど表紙詐欺。評判が良いという事と表紙しか知らなかったのでてっきり日本から影響受けた系アメリカ物ロボットアクション(パシフィック・リムみたいなの)を想像していたのに、どちらかというとブレードランナー。太平洋戦争で日本が勝利したIf世界で、アメリカ西海岸を舞台に人探し。ストーリーの軸は渋い。 第二次大戦で枢軸側が勝利したIFストーリー物の元祖、高い城の男に影響された作品ではあるけども、高い城の男との一番の違いはロボットメカ。二足歩行で人間が乗り込めるガンダムのようなロボットが戦争の決定打となって勝利したという設定だけど、ロボットはあくまで舞台装置の1つ。細かな兵装とかスペックはいまいち不明。「いやいや日本がアメリカに勝つという事はロボットが活躍したからに決まってるだろ!」と言われて納得しないといけない感じ。ちょっと強引。でもわかる。 主人公は二人。女好きで凄腕ハッカーというわかりやすいタイプに見えて厭世的で難しい性格の石村大尉と日本皇国に絶対の忠誠を誓う特高の槻野。二人の視点が適度に切り替わる感じ。(槻野が特高というだけあって日本に対する不忠を見せたら即粛清されそうな雰囲気ではあるが)相性が良いのか悪いのかわからない二人が謎を追うというような展開だけど、特高というだけあって割りと拷問シーンとの関わりが多く、結構グロくてキツい展開も多くて目が離せず。拷問のシーンのたびに想像してしまい読みながら悶えてた。 しかし日本が勝利した世界というだけあって、英語(カタカナ表記)が消えて日本語名になっているのが個人的には辛いトコ。パソコン系が全部「電卓」という言葉に変わっるとか。電卓の達人と言われてもピンと来ない。もうちょっと良い訳語は無かったのかと思うけども戦前日本のセンスを受け継いでるとまぁこんなもんかとも思う。登場人物たちの姓名も珍し過ぎるものを使っていて(主人公の名前の紅功とか六浦賀将軍とか)、アニメやラノベだといいけどこういうIFストーリーなら結構興冷め。IF設定ならではのリアリティに引き込まれたいのに現実に引き戻された。残念。 書いた人が韓国系アメリカ人で、めちゃくちゃ日本を調べて勉強しているし自身の差別体験からの日本統治下での米国人・日系人の扱いとかのイメージは本当にうまくいってるけども、ちょこちょこ出てくるよくあるアメリカ人が間違って認識している日本みたいなのが出てきて、そこは逆にクスっとしてしまった。そういうのを見ると日本人が書いた太平洋戦争逆転IF物読みたいと思ったけども日本人がきちんと歴史や天皇制と向き合って書くにはタブーが多すぎるからなぁと今作を読んで改めて思ったり。あと同じように米国人からヘンテコ合衆国って笑われそう。なかなか文化の根底が違うから別視点で書くのは難しいよね。。 面白かったかと言われたら普通。個人的趣味にあっていたかといわれるとNOではあるんだけど、たぶん映像映えする作品。映画化したら是非見たい作品でした。 関連リンクアウトプットの為の旅行・一人旅の記録と主にファンタジー小説の読書感想

-------広告-------