東北一人旅シリーズ

シリーズ記事:

  1. 【東北地方】青春18切符で東北一人旅 – 瑞巌寺、松島、中尊寺金色堂
  2. 【東北地方】青春18切符で東北一人旅 – 宮沢賢治記念館、遠野、盛岡城跡 (現在の記事)
  3. 【東北地方】青春18切符で東北一人旅 – 乳頭温泉、田沢湖
  4. 【東北地方】青春18切符で東北一人旅 – 米沢市内

2013年の春、青春18切符で東北を回っていた時の記録です。

2日目。宮沢賢治関連施設と、遠野の妖怪関連を中心に。さすがに平日の早朝から動いたのでどこも空いてました。

 

写真

宮沢賢治童話の森

 宮沢賢治のお話の中に出てくる動物や鉱石、植物が飾られていて、なぜ宮沢賢治はここでこれを登場させてたかとかの解説が。普通に読み飛ばしてた所に深い意味あったりして深い溜息がでました。

f:id:FantasyPort:20170714204330j:plain

アート的なやつも。コートとトランク。イメージある。

f:id:FantasyPort:20170714204338j:plain

f:id:FantasyPort:20170714204343j:plain

f:id:FantasyPort:20170714204348j:plain

作品を人形で表した展示も。

f:id:FantasyPort:20170714204354j:plain

f:id:FantasyPort:20170714204359j:plain

f:id:FantasyPort:20170714204407j:plain

f:id:FantasyPort:20170714204415j:plain

入り口のバス停も凝ってる

f:id:FantasyPort:20170714204422j:plain

宮沢賢治記念館

記念館からの風景。建物内は写真禁止で残念。中は宮沢賢治の生い立ちや作品、彼の生涯の背景がわかるようになっています。

f:id:FantasyPort:20170714204429j:plain

f:id:FantasyPort:20170714204437j:plain

記念館横のレストラン。そりゃそうなるよねという感じ。

f:id:FantasyPort:20170714204444j:plain

うーむ。徹底している。

f:id:FantasyPort:20170714204450j:plain

遠野

遠野駅前

妖怪の街って感じがする

f:id:FantasyPort:20170714204459j:plain

早速かっぱの像が

f:id:FantasyPort:20170714204614j:plain

遠野市立博物館

遠野がなぜ民話の町となったのかを事細かく。展示も面白かったです。

f:id:FantasyPort:20170714204515j:plain

鍋倉公園(城跡)

山であり、公園であり。麓には神社が。

f:id:FantasyPort:20170714204508j:plain

結構しんどく

f:id:FantasyPort:20170714204521j:plain

f:id:FantasyPort:20170714204528j:plain

頂上。城跡という事らしいですが、それっぽいものはなし。

f:id:FantasyPort:20170714204535j:plain

頂上からの町の風景

f:id:FantasyPort:20170714204543j:plain

散策できる公園もあります。時期がもうちょっと後なら桜だったのかなぁ。

f:id:FantasyPort:20170714204553j:plain

f:id:FantasyPort:20170714204559j:plain

盛岡城跡

遠野を後にし、一気に盛岡市へ。とりあえず城でも見とこうと盛岡城。

f:id:FantasyPort:20170714204622j:plain

像の土台。

f:id:FantasyPort:20170714204628j:plain

なんか地下墓所への入り口みたい(RPG脳

f:id:FantasyPort:20170714204635j:plain

f:id:FantasyPort:20170714204642j:plain

総括

 というわけで宮沢賢治やら遠野やらで童話・民話を深く感じた1日でした。

宮沢賢治もそこまで興味があったわけではないですが、記念館を見てるとすごい感じ言ってしまって、珍しく自分用にブックカバーと栞、そして詩集を購入。海外へ持っていきましたし今でも大切に使っています。辛い事があると適当にページ広げて読むんです。がんばろってなります。

そして本当はこのまま北上して青森県に入ろうと計画していましたが、見たいと思ったところが冬営業はしていないわ電車の便数も少ないわの、冬(春)の東北をなめてたなぁという感じに。しょうがないので青森に行かずに西に行くことにしました。

関連リンク

宮沢賢治童話村へ行く前に!見どころをチェック – トリップアドバイザー

宮沢賢治記念館 口コミ・写真・地図・情報 – トリップアドバイザー

宮沢賢治記念館 | 花巻市

鍋倉公園 – Wikipedia

鍋倉公園へ行く前に!見どころをチェック – トリップアドバイザー

次のシリーズ記事:

Port国内旅行岩手旅行・一人旅2013年の春、青春18切符で東北を回っていた時の記録です。 2日目。宮沢賢治関連施設と、遠野の妖怪関連を中心に。さすがに平日の早朝から動いたのでどこも空いてました。   写真 宮沢賢治童話の森  宮沢賢治のお話の中に出てくる動物や鉱石、植物が飾られていて、なぜ宮沢賢治はここでこれを登場させてたかとかの解説が。普通に読み飛ばしてた所に深い意味あったりして深い溜息がでました。 アート的なやつも。コートとトランク。イメージある。 作品を人形で表した展示も。 入り口のバス停も凝ってる 宮沢賢治記念館 記念館からの風景。建物内は写真禁止で残念。中は宮沢賢治の生い立ちや作品、彼の生涯の背景がわかるようになっています。 記念館横のレストラン。そりゃそうなるよねという感じ。 うーむ。徹底している。 遠野 遠野駅前 妖怪の街って感じがする 早速かっぱの像が 遠野市立博物館 遠野がなぜ民話の町となったのかを事細かく。展示も面白かったです。 鍋倉公園(城跡) 山であり、公園であり。麓には神社が。 結構しんどく 頂上。城跡という事らしいですが、それっぽいものはなし。 頂上からの町の風景 散策できる公園もあります。時期がもうちょっと後なら桜だったのかなぁ。 盛岡城跡 遠野を後にし、一気に盛岡市へ。とりあえず城でも見とこうと盛岡城。 像の土台。 なんか地下墓所への入り口みたい(RPG脳 総括  というわけで宮沢賢治やら遠野やらで童話・民話を深く感じた1日でした。 宮沢賢治もそこまで興味があったわけではないですが、記念館を見てるとすごい感じ言ってしまって、珍しく自分用にブックカバーと栞、そして詩集を購入。海外へ持っていきましたし今でも大切に使っています。辛い事があると適当にページ広げて読むんです。がんばろってなります。 そして本当はこのまま北上して青森県に入ろうと計画していましたが、見たいと思ったところが冬営業はしていないわ電車の便数も少ないわの、冬(春)の東北をなめてたなぁという感じに。しょうがないので青森に行かずに西に行くことにしました。 関連リンク 宮沢賢治童話村へ行く前に!見どころをチェック - トリップアドバイザー 宮沢賢治記念館 口コミ・写真・地図・情報 - トリップアドバイザー 宮沢賢治記念館 | 花巻市 鍋倉公園 - Wikipedia 鍋倉公園へ行く前に!見どころをチェック - トリップアドバイザーアウトプットの為の旅行・一人旅の記録と主にファンタジー小説の読書感想

-------広告-------