古典部シリーズの 6冊目。2回目の短編集。前の巻からは6年ぶりらしいです。

 

あらすじ

箱の中の欠落

生徒会長選挙で票が水増しされている事件が発生、投票立会人として参加していた里志は、1年生に疑いが向くのを許せず、奉太郎に推理を依頼する。

 

鏡には映らない

摩耶花は中学の卒業制作の時に周りの反感を買う行動をとった奉太郎の行動を思い出し、その行動の理由、謎を調べだす。どうやらそれは奉太郎の恋人と関わる事らしいが…

 

連峰は晴れているか

中学時代の教師が「ヘリが好きなんだ」と語ったことを思い出した奉太郎。なぜ彼がその発言をしたかが気になり、それを調べる奉太郎と、彼が自発的に調査する事を驚いたえるは、二人で図書館に行き、その発言の真意を調べる…

 

わたしたちの伝説の一冊

漫画研究会では漫画を描きたい派と読みたい派に別れ、もはや分裂は避けられない状態になっていた。描きたい派の漫画研究会における主導権争いとして同人誌を強行発表する計画に、摩耶花は漫画を描けるのならと協力するが、その思惑は読みたい派に発覚し、同人誌が完成したら読みたい派は出ていく、完成しないなら描きたい派は出ていくとなってしまう。漫画を描くしか無い摩耶花だったが、ある日ネームノートが盗まれてしまう。

 

長い休日

朝起きたら自分の調子が良かった奉太郎。散歩に神社によると、十文字かほとえるに会い、流れで神社の掃除を行うことになる。その場でえるになぜ「やらなくていいことならやらない、やらなければいけないことなら手短に」のモットーになったかを尋ねられた奉太郎は、その小学校での出来事を語る…

 

いまさら翼といわれても

合唱のイベントにソロパートがあるにもかかわらず現れないえる。奉太郎と古典部メンバーは彼女の居所を探すが…

 

感想

だいたい全部いつもの古典部。推理による事件解決でスッキリサワヤカな感じではなく、謎が解けても苦い思いもするし、拍子抜けもする。1年から2年になった分、心身の成長と2年になった事による様々な人間関係が変化していて面白い。

どの話も面白かったけど、やっぱり一番は表題作。タイトルから秀逸で、タイトルでネタバレ?しているにも関わらず最後まで読んであぁなるほどタイトルそういう意味かとすごく納得する。今後の物語に関わってくる大きな展開が見える話だったので、とにかく長編短編関わらず次の話が読みたい。この終わり方で締めれるのがすごい。籠の鳥がどんな気持ちで生きてきた、考えてきたかってのはなぁ。難しいよなぁ。

他に、「連峰は晴れているか」は既視感が凄くてどこで見た話だっただろうかと思っていたらアニメ版でやっていた話だった。アニメのほうでは単行本化してない話もやっていたのかと納得。アニメというと、キャラクターはアニメのほうのキャラクターでイメージしながら読んでた。まだアニメをちゃんと覚えていたというか引っ張られているというか。まぁ2クール22話あったのに珍しく2週したもんなぁ。良いアニメだったなぁ。

推理に関しては今回は軽く読みたいと思ったので自分で考える気は一切なし。無心で読み進めて奉太郎や他の人達の考えに頷くのみ。彼の推理だけが正解じゃないし全てじゃないというのは過去作で書かれているけども、今回は単純にお話として読みたかった。なので話を楽しく読むために事件と推理をちゃんと読むのみ。これはこれで。

そういえば主人公の視点がいつも通り奉太郎と摩耶花ばかり。他の二人の視点も読みたいけど結構複雑な思考してそうだから難しいのか。気になります!

 

いまさら翼といわれても

いまさら翼といわれても

 

 

Port国内文学感想・レビュー古典部シリーズの 6冊目。2回目の短編集。前の巻からは6年ぶりらしいです。   あらすじ 箱の中の欠落 生徒会長選挙で票が水増しされている事件が発生、投票立会人として参加していた里志は、1年生に疑いが向くのを許せず、奉太郎に推理を依頼する。   鏡には映らない 摩耶花は中学の卒業制作の時に周りの反感を買う行動をとった奉太郎の行動を思い出し、その行動の理由、謎を調べだす。どうやらそれは奉太郎の恋人と関わる事らしいが…   連峰は晴れているか 中学時代の教師が「ヘリが好きなんだ」と語ったことを思い出した奉太郎。なぜ彼がその発言をしたかが気になり、それを調べる奉太郎と、彼が自発的に調査する事を驚いたえるは、二人で図書館に行き、その発言の真意を調べる…   わたしたちの伝説の一冊 漫画研究会では漫画を描きたい派と読みたい派に別れ、もはや分裂は避けられない状態になっていた。描きたい派の漫画研究会における主導権争いとして同人誌を強行発表する計画に、摩耶花は漫画を描けるのならと協力するが、その思惑は読みたい派に発覚し、同人誌が完成したら読みたい派は出ていく、完成しないなら描きたい派は出ていくとなってしまう。漫画を描くしか無い摩耶花だったが、ある日ネームノートが盗まれてしまう。   長い休日 朝起きたら自分の調子が良かった奉太郎。散歩に神社によると、十文字かほとえるに会い、流れで神社の掃除を行うことになる。その場でえるになぜ「やらなくていいことならやらない、やらなければいけないことなら手短に」のモットーになったかを尋ねられた奉太郎は、その小学校での出来事を語る…   いまさら翼といわれても 合唱のイベントにソロパートがあるにもかかわらず現れないえる。奉太郎と古典部メンバーは彼女の居所を探すが…   感想 だいたい全部いつもの古典部。推理による事件解決でスッキリサワヤカな感じではなく、謎が解けても苦い思いもするし、拍子抜けもする。1年から2年になった分、心身の成長と2年になった事による様々な人間関係が変化していて面白い。 どの話も面白かったけど、やっぱり一番は表題作。タイトルから秀逸で、タイトルでネタバレ?しているにも関わらず最後まで読んであぁなるほどタイトルそういう意味かとすごく納得する。今後の物語に関わってくる大きな展開が見える話だったので、とにかく長編短編関わらず次の話が読みたい。この終わり方で締めれるのがすごい。籠の鳥がどんな気持ちで生きてきた、考えてきたかってのはなぁ。難しいよなぁ。 他に、「連峰は晴れているか」は既視感が凄くてどこで見た話だっただろうかと思っていたらアニメ版でやっていた話だった。アニメのほうでは単行本化してない話もやっていたのかと納得。アニメというと、キャラクターはアニメのほうのキャラクターでイメージしながら読んでた。まだアニメをちゃんと覚えていたというか引っ張られているというか。まぁ2クール22話あったのに珍しく2週したもんなぁ。良いアニメだったなぁ。 推理に関しては今回は軽く読みたいと思ったので自分で考える気は一切なし。無心で読み進めて奉太郎や他の人達の考えに頷くのみ。彼の推理だけが正解じゃないし全てじゃないというのは過去作で書かれているけども、今回は単純にお話として読みたかった。なので話を楽しく読むために事件と推理をちゃんと読むのみ。これはこれで。 そういえば主人公の視点がいつも通り奉太郎と摩耶花ばかり。他の二人の視点も読みたいけど結構複雑な思考してそうだから難しいのか。気になります!   いまさら翼といわれても 作者: 米澤穂信 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2016/11/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (27件) を見る   氷菓 / HYOUKA: THE COMPLETE SERIES 発売日: 2017 メディア: Blu-ray この商品を含むブログを見る    好きなものを好きな時に好きなように