2017年8月

  • 2017.08.28

【読書感想】図書館の魔女

今回の本 ずっと読みたかった本。読み終わった後、この本を楽しんで読める事ができた自分の読書人生に感謝しました。 あらすじ 山奥の村で育った少年キリヒトは、師に連れられ首都の「高い塔」と呼ばれる世界最古の図書館の管理人、マツリカの元で働く事になる。 声を持たず、手話で話す少女マツリカ。だが彼女は「言葉」を巧みに操り、人の心理、国の方針、世界の流れをも変える「高い塔の魔女」と呼ばれる存在だった… 感想 […]

  • 2017.08.04

【読書感想】いまさら翼といわれても

今回の本 古典部シリーズの 6冊目。2回目の短編集。前の巻からは6年ぶりらしいです。 あらすじ 箱の中の欠落 生徒会長選挙で票が水増しされている事件が発生、投票立会人として参加していた里志は、1年生に疑いが向くのを許せず、奉太郎に推理を依頼する。 鏡には映らない 摩耶花は中学の卒業制作の時に周りの反感を買う行動をとった奉太郎の行動を思い出し、その行動の理由、謎を調べだす。どうやらそれは奉太郎の恋人 […]

  • 2017.08.03

ファイナルファンタジーⅫ ザ ゾディアック エイジ 1週目クリアの感想

1週目クリアしましたので以下感想です。  ストーリー&世界観 イヴァリースと呼ばれる世界。砂漠の王国ダルマスカは北には軍事帝国アルケイディア、西にはその敵国であるロザリアに挟まれていた。ダルマスカは圧倒的な力を持つアルケイディアとの戦争に敗れ、全面降伏を決意するが、その調印式の場でダルマスカの降伏反対の過激派によりダルマスカ王は殺され、王女も自殺、ダルマスカはアルケイディアに占領される。 […]