2013年の春、仕事に疲れて会社を辞め、日本各地を回っていた時の記録です。

  

北海道を回った後は中国地方。大阪から山陰・山陽の順番で一周する計画です。ちょうど時期だったので青春18切符をフル活用。普通電車に延々揺られ続ける暇な旅の始まりです。あまりに暇だったので同じような18切符旅行客(と思われる人)に話しかけるという事を覚えました。

 

目次

 

中国地方旅程

1日目

 天橋立、竹田城 ←この記事はここ

2日目

 鳥取砂丘、出雲大社

3日目

 石見銀山

4日目

 秋芳洞、秋吉台、錦帯橋

5日目

 宮島、広島市内

 

写真

天橋立

日本三景 天橋立ビューランド

天橋立駅からロープウェイで山頂へ。

f:id:FantasyPort:20170714200512j:plain

 

なんというか以外と怖い。落ちたらどうなるんだろうかなど、しょうもない事を考えていたらあっという間に頂上へ。

f:id:FantasyPort:20170714200519j:plain

 

天橋立(飛龍観)

そして日本三景。さすがに美しい眺めです。

f:id:FantasyPort:20170714200526j:plain

 

まるで龍のようなので飛龍観

f:id:FantasyPort:20170714200534j:plain

f:id:FantasyPort:20170714200542j:plain

f:id:FantasyPort:20170714200555j:plain

 

ちゃんと股の間から見ました。

f:id:FantasyPort:20170714200601j:plain

 

竹田城

登山道

天橋立から竹田城の麓まで移動して今度は登山。本当は普通のちょっとした坂になっているだけのルートがあるのですが、そっちのルートをまったく知らなくてうっかり登山道へ。

f:id:FantasyPort:20170714200613j:plain

 

はるか先に見える山頂。え、ここ登るの?さすが日本のマチュピチュ。とか馬鹿な事思ってます。

f:id:FantasyPort:20170714200620j:plain

f:id:FantasyPort:20170714200628j:plain

 

ガッツリ登山道。降りてくる人とすれ違うわけですがみんな登山重装備。ガンバレ~って声かけてもらいますがそれどころではない。

f:id:FantasyPort:20170714200635j:plain

 

途中何度も休憩を挟む。甘く見てました。

f:id:FantasyPort:20170714200645j:plain

 

頂上、竹田城跡

そして頂上へ。

f:id:FantasyPort:20170714200655j:plain

 

城壁が残っています。

f:id:FantasyPort:20170714200701j:plain

f:id:FantasyPort:20170714200709j:plain

 

登ってみると普通の城跡。

f:id:FantasyPort:20170714200716j:plain

 

ただ景色が違う。

f:id:FantasyPort:20170714200722j:plain

 

すごい眺め

f:id:FantasyPort:20170714200728j:plain

 

わかりやすい城下町

f:id:FantasyPort:20170714200734j:plain

 

みごとに城に沿って道があり、町がある。

f:id:FantasyPort:20170714200749j:plain

f:id:FantasyPort:20170714200743j:plain

f:id:FantasyPort:20170714200806j:plain

f:id:FantasyPort:20170714200812j:plain

 

頂上ではどの方角を見ても絶景。登ったかいがあります。

f:id:FantasyPort:20170714200819j:plain

 

のどか

f:id:FantasyPort:20170714200826j:plain

f:id:FantasyPort:20170714200833j:plain

f:id:FantasyPort:20170714200839j:plain

f:id:FantasyPort:20170714200848j:plain

 

段々に

f:id:FantasyPort:20170714200856j:plain

 

ここで改めて周りをみると犬連れやら子供が結構いて、あの山道をよく登ったなぁと関心していたら登山道じゃない方の道を発見。悲しい気分になりつつも、よく登ったという満足感と共に下山しました。

f:id:FantasyPort:20170714200903j:plain

 

鳥取駅周辺

竹田城から電車に揺られて鳥取へ。日本海が見えるルートを通りました。到着はすっかり深夜。この日もおいしい晩御飯を食べて終了。

f:id:FantasyPort:20170714200909j:plain

 

 

総括

 初日からまさかの山登りで疲労困憊だったわけですが、それ以外が電車で座っているだけなので特に何も影響しない何ともいえない感じ。やはり車と違って電車は移動が楽です。

しかしもし次に竹田城に行くことがあるならば、早朝に行って有名な雲海をみたいところ。でも最近は観光客が増えて色々制限やら有料になったりとか色々変わってきているみたいですね。この頃はまだ無料でした。

 

関連リンク

天橋立 – Wikipedia

天橋立へ行く前に!見どころをチェック – トリップアドバイザー

「海の京都」天橋立観光ガイドー天橋立観光協会|日本三景|

竹田城 – Wikipedia

竹田城跡へ行く前に!見どころをチェック – トリップアドバイザー

竹田城跡 | 竹田城跡のあるまち

まっぷる 城崎・天橋立 竹田城跡 (まっぷるマガジン)

まっぷる 城崎・天橋立 竹田城跡 (まっぷるマガジン)

 

 

Port京都兵庫旅行・一人旅2013年の春、仕事に疲れて会社を辞め、日本各地を回っていた時の記録です。    北海道を回った後は中国地方。大阪から山陰・山陽の順番で一周する計画です。ちょうど時期だったので青春18切符をフル活用。普通電車に延々揺られ続ける暇な旅の始まりです。あまりに暇だったので同じような18切符旅行客(と思われる人)に話しかけるという事を覚えました。   目次 目次 中国地方旅程 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 写真 天橋立 日本三景 天橋立ビューランド 天橋立(飛龍観) 竹田城 登山道 頂上、竹田城跡 鳥取駅周辺 総括 関連リンク   中国地方旅程 1日目  天橋立、竹田城 ←この記事はここ 2日目  鳥取砂丘、出雲大社 3日目  石見銀山 4日目  秋芳洞、秋吉台、錦帯橋 5日目  宮島、広島市内   写真 天橋立 日本三景 天橋立ビューランド 天橋立駅からロープウェイで山頂へ。   なんというか以外と怖い。落ちたらどうなるんだろうかなど、しょうもない事を考えていたらあっという間に頂上へ。   天橋立(飛龍観) そして日本三景。さすがに美しい眺めです。   まるで龍のようなので飛龍観   ちゃんと股の間から見ました。   竹田城 登山道 天橋立から竹田城の麓まで移動して今度は登山。本当は普通のちょっとした坂になっているだけのルートがあるのですが、そっちのルートをまったく知らなくてうっかり登山道へ。   はるか先に見える山頂。え、ここ登るの?さすが日本のマチュピチュ。とか馬鹿な事思ってます。   ガッツリ登山道。降りてくる人とすれ違うわけですがみんな登山重装備。ガンバレ~って声かけてもらいますがそれどころではない。   途中何度も休憩を挟む。甘く見てました。   頂上、竹田城跡 そして頂上へ。   城壁が残っています。   登ってみると普通の城跡。   ただ景色が違う。   すごい眺め   わかりやすい城下町   みごとに城に沿って道があり、町がある。   頂上ではどの方角を見ても絶景。登ったかいがあります。   のどか   段々に   ここで改めて周りをみると犬連れやら子供が結構いて、あの山道をよく登ったなぁと関心していたら登山道じゃない方の道を発見。悲しい気分になりつつも、よく登ったという満足感と共に下山しました。   鳥取駅周辺 竹田城から電車に揺られて鳥取へ。日本海が見えるルートを通りました。到着はすっかり深夜。この日もおいしい晩御飯を食べて終了。     総括  初日からまさかの山登りで疲労困憊だったわけですが、それ以外が電車で座っているだけなので特に何も影響しない何ともいえない感じ。やはり車と違って電車は移動が楽です。 しかしもし次に竹田城に行くことがあるならば、早朝に行って有名な雲海をみたいところ。でも最近は観光客が増えて色々制限やら有料になったりとか色々変わってきているみたいですね。この頃はまだ無料でした。   関連リンク 天橋立 - Wikipedia 天橋立へ行く前に!見どころをチェック - トリップアドバイザー 「海の京都」天橋立観光ガイドー天橋立観光協会|日本三景| 竹田城 - Wikipedia 竹田城跡へ行く前に!見どころをチェック - トリップアドバイザー 竹田城跡 | 竹田城跡のあるまち まっぷる 城崎・天橋立 竹田城跡 (まっぷるマガジン) 作者: 昭文社旅行ガイドブック編集部 出版社/メーカー: 昭文社 発売日: 2016/07/07 メディア: ムック この商品を含むブログを見る    好きなものを好きな時に好きなように