2014年7月、アメリカのニューヨークに行った時の記録です。

スイスのチューリッヒから一度アイルランドのダブリンへ戻り、そこからニューヨークへ。直通でアメリカへ行っても良かったのですが、やっぱり1年も過ごしたアイルランドの居心地が良かったのでちょっとした郷愁に駆られたのと、アイルランドからアメリカへは協定によって飛行機に乗る前に入国審査受ける事が出来るから。やっぱり先に受けておくと到着した時にすごい楽だと思ったので。実際楽でした。オススメ。

 

前回はこちら

www.fantasyport.net

 

 

目次

 

ニューヨーク旅程

・1日目

 アメリカ自然史博物館←この記事はここ

・2日目

 メトロポリタン美術館、セントラル・パーク、タイムズ・スクエア、自由の女神像

 

チャイナタウン

泊まったところの周辺。チャイナタウンです。

f:id:FantasyPort:20170317190200j:plain

NYの中心に比較的近くて安い宿、一応個室という事でまぁ色々悩んだ末に宿を予約したわけですが、ここがまぁやばいトコだった。

匂いは覚悟してたのでしょうがないけどもチャイナタウン近くで独特のアジアの香り。ゴキブリは当たり前に這い上がってくるしハエの数が尋常じゃない。今まで比較的キレイな文明圏ばかり旅するシティ派トラベラーだったのでハエ取り紙とか久しぶりに見てひぇぇってなってた。黒い海苔のようなモノが上からぶら下がってるなと思ったらビッシリ敷き詰められたハエだった恐怖。それが1m毎に。

https://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g60763-d673661-Reviews-Sun_Bright_Hotel-New_York_City_New_York.html#photos;geo=60763&detail=673661&ff=48387006&albumViewMode=hero&aggregationId=106&albumid=106&baseMediaId=48387006&thumbnailMinWidth=50&cnt=30&offset=-4&filter=7

 

で、ホテルの壁にこういうの↑が書いてて笑った。ここのギャラリーはオススメ。見ごたえがあります。隣に泊まってたジャマイカ人と、ここはやべぇ早く脱獄しねぇとって笑いながら雑談したのも良い思い出

 

アメリカ自然史博物館

f:id:FantasyPort:20170317190201j:plain

 

実物大の哺乳類標本が沢山

f:id:FantasyPort:20170317190203j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190202j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190205j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190204j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190206j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190207j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190208j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190209j:plain

 

人間も自然の一部・・・ということで民俗学的な物品も多数

f:id:FantasyPort:20170317190211j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190210j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190212j:plain

 

鳥類も

f:id:FantasyPort:20170317190213j:plain

 

やっぱかっこいい

f:id:FantasyPort:20170317190214j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190215j:plain

 

恐竜の化石

f:id:FantasyPort:20170317190216j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190217j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190219j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190218j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190220j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190221j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190222j:plain

 

なんかマヌケ

f:id:FantasyPort:20170317190224j:plain

 

鉱石も充実

f:id:FantasyPort:20170317190223j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190225j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190226j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190228j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190227j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190230j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190229j:plain

 他にも映像作品や有料の特別展が多数。開館と同時に入り、出たのはほぼ閉館時間でした。大満喫。
広いってのもありますが、十二分に楽しめる内容でした。

 

関連リンク

アメリカ合衆国 – Wikipedia

アメリカ合衆国 旅行・観光ガイド 2017年 – トリップアドバイザー

ニューヨーク – Wikipedia

ニューヨーク シティ 旅行・観光ガイド 2017年 – トリップアドバイザー

アメリカ自然史博物館 – Wikipedia

自然史博物館へ行く前に!見どころをチェック – トリップアドバイザー

 

B06 地球の歩き方 ニューヨーク マンハッタン&ブルックリン 2017~2018

B06 地球の歩き方 ニューヨーク マンハッタン&ブルックリン 2017~2018

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2017/05/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

Portアメリカ旅行・一人旅2014年7月、アメリカのニューヨークに行った時の記録です。 スイスのチューリッヒから一度アイルランドのダブリンへ戻り、そこからニューヨークへ。直通でアメリカへ行っても良かったのですが、やっぱり1年も過ごしたアイルランドの居心地が良かったのでちょっとした郷愁に駆られたのと、アイルランドからアメリカへは協定によって飛行機に乗る前に入国審査受ける事が出来るから。やっぱり先に受けておくと到着した時にすごい楽だと思ったので。実際楽でした。オススメ。   前回はこちら www.fantasyport.net     目次 目次 ニューヨーク旅程 チャイナタウン アメリカ自然史博物館 関連リンク   ニューヨーク旅程 ・1日目  アメリカ自然史博物館←この記事はここ ・2日目  メトロポリタン美術館、セントラル・パーク、タイムズ・スクエア、自由の女神像   チャイナタウン 泊まったところの周辺。チャイナタウンです。 NYの中心に比較的近くて安い宿、一応個室という事でまぁ色々悩んだ末に宿を予約したわけですが、ここがまぁやばいトコだった。 匂いは覚悟してたのでしょうがないけどもチャイナタウン近くで独特のアジアの香り。ゴキブリは当たり前に這い上がってくるしハエの数が尋常じゃない。今まで比較的キレイな文明圏ばかり旅するシティ派トラベラーだったのでハエ取り紙とか久しぶりに見てひぇぇってなってた。黒い海苔のようなモノが上からぶら下がってるなと思ったらビッシリ敷き詰められたハエだった恐怖。それが1m毎に。 https://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g60763-d673661-Reviews-Sun_Bright_Hotel-New_York_City_New_York.html#photos;geo=60763&detail=673661&ff=48387006&albumViewMode=hero&aggregationId=106&albumid=106&baseMediaId=48387006&thumbnailMinWidth=50&cnt=30&offset=-4&filter=7   で、ホテルの壁にこういうの↑が書いてて笑った。ここのギャラリーはオススメ。見ごたえがあります。隣に泊まってたジャマイカ人と、ここはやべぇ早く脱獄しねぇとって笑いながら雑談したのも良い思い出   アメリカ自然史博物館   実物大の哺乳類標本が沢山   人間も自然の一部・・・ということで民俗学的な物品も多数   鳥類も   やっぱかっこいい   恐竜の化石   なんかマヌケ   鉱石も充実  他にも映像作品や有料の特別展が多数。開館と同時に入り、出たのはほぼ閉館時間でした。大満喫。広いってのもありますが、十二分に楽しめる内容でした。   関連リンク アメリカ合衆国 - Wikipedia アメリカ合衆国 旅行・観光ガイド 2017年 - トリップアドバイザー ニューヨーク - Wikipedia ニューヨーク シティ 旅行・観光ガイド 2017年 - トリップアドバイザー アメリカ自然史博物館 - Wikipedia 自然史博物館へ行く前に!見どころをチェック - トリップアドバイザー   B06 地球の歩き方 ニューヨーク マンハッタン&ブルックリン 2017~2018 作者: 地球の歩き方編集室 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社 発売日: 2017/05/25 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る      好きなものを好きな時に好きなように