スイス一人旅シリーズ

シリーズ記事:

  1. 【スイス】ツェルマット一人旅 ー 展望台からのマッターホルン (現在の記事)
  2. 【スイス】ツェルマット一人旅 ー 夕焼けと朝焼けのマッターホルン
  3. 【スイス】スイス一人旅 ー ルツェルン散策

2014年7月、スイスのツェルマットに一人旅をした時の記録です。

イタリアを出てスイスに来ました。電車でミラノからのんびりと。国境超えても特に審査もなく楽だったように思います。

まず初めに山を見ようという事で(スイス人の友人知人にスイスの観光って何があるの、おすすめ何と聞いたらみんな山って答えたので)、マッターホルンが良く見えるツェルマットというマッターホルン観光業がメインの町へ。

 

鉱山鉄道からの景色

鉱山鉄道に乗ってマッターホルンがよく見えるという展望台へ。

見える建物はだいたい全部コテージホテル。ガッツリ観光村です。

f:id:FantasyPort:20170317192403j:plain

電車からの景色。

f:id:FantasyPort:20170317192404j:plain

電車からも最高の景色。ちょっとした見どころでは少しスローになってくれます。

f:id:FantasyPort:20170317192405j:plain

朝のうちは曇りだったのでマッターホルン全然見えず。

f:id:FantasyPort:20170317192406j:plain

ごついひつじ

f:id:FantasyPort:20170317192407j:plain

f:id:FantasyPort:20170317192408j:plain

展望台

そして終着駅に到着。いぬとマッターホルンと歌う現地人

f:id:FantasyPort:20170317192410j:plain

やっぱり見えない

f:id:FantasyPort:20170317192409j:plain

首のコレが有名なアレか~

f:id:FantasyPort:20170317192412j:plain

f:id:FantasyPort:20170317192411j:plain

展望台&休憩所

f:id:FantasyPort:20170317192413j:plain

アルプスの雄大な山々

f:id:FantasyPort:20170317192414j:plain

まつこと1時間ぐらい。やっと見れる。

f:id:FantasyPort:20170317192415j:plain

あめーじんぐだわ。

f:id:FantasyPort:20170317192416j:plain

f:id:FantasyPort:20170317192417j:plain

展望台内部。高度3100mらしい

f:id:FantasyPort:20170317192418j:plain

f:id:FantasyPort:20170317192419j:plain

全てのスケールがでかい

f:id:FantasyPort:20170317192420j:plain

f:id:FantasyPort:20170317192422j:plain

あー、世界は美しいわーって思いながら寒さに震える。

f:id:FantasyPort:20170317192421j:plain

マルタ・イタリア南部とかの暑い気候から北上して来たので防寒具なし。周りはごついジャンパー来てるのに。

f:id:FantasyPort:20170317192423j:plain

さすがにTシャツ+薄手のパーカーで来てるのは自分だけでした。すごい目で見られた。

過去にちょっと書いてますが、ここで一番ゴツい上着であるパーカーを捨ててるんですよね。暑くて邪魔という理由で。その時の自分をぶっ飛ばしたかった。

www.fantasyport.net

f:id:FantasyPort:20170317192424j:plain

次はちゃんと防寒対策してハイキングに来よう。結構な人がスキーの格好をしながらハイキングに向かってるのを羨ましく見送る。

f:id:FantasyPort:20170317192425j:plain

帰りの電車で。乗ったとたんにさらに晴れだす。

f:id:FantasyPort:20170317192427j:plain

鉱山鉄道とマッターホルン。

f:id:FantasyPort:20170317192426j:plain

f:id:FantasyPort:20170317192428j:plain

ほんと爪みたい

f:id:FantasyPort:20170317192429j:plain

f:id:FantasyPort:20170317192430j:plain

いい鉄道でした。帰りは日本人観光客の集団と遭遇して、いっぱい話しかけられたり話したりしてグッタリ。

f:id:FantasyPort:20170317192431j:plain

ツェルマットに戻って

f:id:FantasyPort:20170317192432j:plain

f:id:FantasyPort:20170317192436j:plain

実は展望台に登らなくても、観測スポットなら町からも見えます。十分なほど。

f:id:FantasyPort:20170317192433j:plain

f:id:FantasyPort:20170317192434j:plain

f:id:FantasyPort:20170317192435j:plain

そして朝焼けのマッターフルンが見たいので、この日は旅の中で一番高い宿に泊まったのでした。ベランダからマッターホルン見えるのです。すばらしい。

関連リンク

スイス – Wikipedia

スイス 旅行・観光ガイド 2017年 – トリップアドバイザー

ツェルマット – Wikipedia

ツェルマット 旅行・観光ガイド 2017年 – トリップアドバイザー

マッターホルン – Wikipedia

マッターホルンへ行く前に!見どころをチェック – トリップアドバイザー

次のシリーズ記事:

Portスイス旅行・一人旅海外旅行2014年7月、スイスのツェルマットに一人旅をした時の記録です。 イタリアを出てスイスに来ました。電車でミラノからのんびりと。国境超えても特に審査もなく楽だったように思います。 まず初めに山を見ようという事で(スイス人の友人知人にスイスの観光って何があるの、おすすめ何と聞いたらみんな山って答えたので)、マッターホルンが良く見えるツェルマットというマッターホルン観光業がメインの町へ。   鉱山鉄道からの景色 鉱山鉄道に乗ってマッターホルンがよく見えるという展望台へ。 見える建物はだいたい全部コテージホテル。ガッツリ観光村です。 電車からの景色。 電車からも最高の景色。ちょっとした見どころでは少しスローになってくれます。 朝のうちは曇りだったのでマッターホルン全然見えず。 ごついひつじ 展望台 そして終着駅に到着。いぬとマッターホルンと歌う現地人 やっぱり見えない 首のコレが有名なアレか~ 展望台&休憩所 アルプスの雄大な山々 まつこと1時間ぐらい。やっと見れる。 あめーじんぐだわ。 展望台内部。高度3100mらしい 全てのスケールがでかい あー、世界は美しいわーって思いながら寒さに震える。 マルタ・イタリア南部とかの暑い気候から北上して来たので防寒具なし。周りはごついジャンパー来てるのに。 さすがにTシャツ+薄手のパーカーで来てるのは自分だけでした。すごい目で見られた。 過去にちょっと書いてますが、ここで一番ゴツい上着であるパーカーを捨ててるんですよね。暑くて邪魔という理由で。その時の自分をぶっ飛ばしたかった。 www.fantasyport.net 次はちゃんと防寒対策してハイキングに来よう。結構な人がスキーの格好をしながらハイキングに向かってるのを羨ましく見送る。 帰りの電車で。乗ったとたんにさらに晴れだす。 鉱山鉄道とマッターホルン。 ほんと爪みたい いい鉄道でした。帰りは日本人観光客の集団と遭遇して、いっぱい話しかけられたり話したりしてグッタリ。 ツェルマットに戻って 実は展望台に登らなくても、観測スポットなら町からも見えます。十分なほど。 そして朝焼けのマッターフルンが見たいので、この日は旅の中で一番高い宿に泊まったのでした。ベランダからマッターホルン見えるのです。すばらしい。 関連リンク スイス - Wikipedia スイス 旅行・観光ガイド 2017年 - トリップアドバイザー ツェルマット - Wikipedia ツェルマット 旅行・観光ガイド 2017年 - トリップアドバイザー マッターホルン - Wikipedia マッターホルンへ行く前に!見どころをチェック - トリップアドバイザー好きなものを好きな時に好きなように

-------広告-------