イタリア一人旅シリーズ

シリーズ記事:

  1. 【イタリア】ヴェネツィア一人旅 ー サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂、海洋史博物館、カ・レッツォーニコ
  2. 【イタリア】ヴェネツィア一人旅 ー サン・マルコの鐘楼、サン・マルコ寺院、カ・ドーロ
  3. 【イタリア】ミラノ一人旅 ー ドゥオーモ、ガッレリア、最後の晩餐 (現在の記事)
  4. 【イタリア】ミラノ一人旅 ー ブレラ絵画館、ポルディ・ペッツオーリ美術館、サン・ベルナルディーノ礼拝堂
  5. 【イタリア】トリノ一人旅 ー トリノ・エジプト博物館

ミラノ一人旅シリーズ

シリーズ記事:

  1. 【イタリア】ミラノ一人旅 ー ドゥオーモ、ガッレリア、最後の晩餐 (現在の記事)
  2. 【イタリア】ミラノ一人旅 ー ブレラ絵画館、ポルディ・ペッツオーリ美術館、サン・ベルナルディーノ礼拝堂

2014年6月、イタリアのミラノに一人旅をした時の記録です。

ヴェネツィアから電車で西に移動してミラノへ。流石ミラノ。すべてがファッショナブルで都会です。

凱旋門

なんの凱旋門かは理解らず。都心部までの道のりにあった

f:id:FantasyPort:20170317192313j:plain

ドゥオーモ

f:id:FantasyPort:20170317192314j:plain

思ってた以上にでかかった。

f:id:FantasyPort:20170317192316j:plainf:id:FantasyPort:20170317192317j:plain

f:id:FantasyPort:20170317192328j:plain

f:id:FantasyPort:20170317192315j:plain

内部。写真撮影は2ユーロ払えば許可してもらえます。

f:id:FantasyPort:20170317192318j:plain

f:id:FantasyPort:20170317192319j:plain

f:id:FantasyPort:20170317192320j:plain

f:id:FantasyPort:20170317192321j:plain

f:id:FantasyPort:20170317192322j:plain

ガッレリア

f:id:FantasyPort:20170317192323j:plain

ディズニーランドの元ネタらしいあれ。プラダの本店とかあります。

f:id:FantasyPort:20170317192324j:plain

f:id:FantasyPort:20170317192326j:plain

f:id:FantasyPort:20170317192325j:plain

f:id:FantasyPort:20170317192327j:plain

レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館

(主に)子供向きの科学博物館という感じ。ダヴィンチの数々のスケッチを再現したりミニチュア化してものが展示されてます。絵画、彫刻、建築、音楽、科学、数学、工学、発明、解剖学を修めた天才ってのは良く知ってたのですが、土木・治水まで習得してたとここで知りました。ほんまもんやこの人。

f:id:FantasyPort:20170317192330j:plain

町中のオブジェ

謎である

f:id:FantasyPort:20170317192329j:plain

アンブロジアーナ絵画館

写真は無しですがPinacoteca Ambrosiana(アンブロジアーナ絵画館)にも行ってます。
システィーナ礼拝堂の「アテネの学童」の下絵などが展示。本物はじっくり見れなかったのでここでじっくり見れて良かった。

最後の晩餐

左の建物から見学できます。要予約。もちろん撮影禁止。

f:id:FantasyPort:20170317192331j:plain

ダヴィンチの大傑作。思ってた以上にデカイのと、最近修復が終わったばかりなのに損傷が激しい。ユダのキリストを売って得た金の袋はほとんど確認できないぐらい。

あとなんとなくダヴィンチっぽくない絵って印象が強い。

f:id:FantasyPort:20170317192332j:plain

という感じでミラノでした。高層ビルもいっぱいある大都会。そういう意味では面白さはあまりないけれど、やっぱり最後の晩餐の為だけに行ってよかったと思います。 

関連リンク

ミラノ – Wikipedia

ミラノ 旅行・観光ガイド 2017年 – トリップアドバイザー

ミラノのドゥオーモ – Wikipedia

大聖堂 (ドゥオーモ)へ行く前に!見どころをチェック – トリップアドバイザー

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア – Wikipedia

ヴィットーリオ エマヌエーレ 2 世のガッレリアへ行く前に!見どころをチェック – トリップアドバイザー

最後の晩餐 (レオナルド) – Wikipedia

壁画 最後の晩餐 口コミ・写真・地図・情報 – トリップアドバイザー

次のシリーズ記事:

Portイタリアミラノ旅行・一人旅海外旅行2014年6月、イタリアのミラノに一人旅をした時の記録です。 ヴェネツィアから電車で西に移動してミラノへ。流石ミラノ。すべてがファッショナブルで都会です。 凱旋門 なんの凱旋門かは理解らず。都心部までの道のりにあった ドゥオーモ 思ってた以上にでかかった。 内部。写真撮影は2ユーロ払えば許可してもらえます。 ガッレリア ディズニーランドの元ネタらしいあれ。プラダの本店とかあります。 レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館 (主に)子供向きの科学博物館という感じ。ダヴィンチの数々のスケッチを再現したりミニチュア化してものが展示されてます。絵画、彫刻、建築、音楽、科学、数学、工学、発明、解剖学を修めた天才ってのは良く知ってたのですが、土木・治水まで習得してたとここで知りました。ほんまもんやこの人。 町中のオブジェ 謎である アンブロジアーナ絵画館 写真は無しですがPinacoteca Ambrosiana(アンブロジアーナ絵画館)にも行ってます。 システィーナ礼拝堂の「アテネの学童」の下絵などが展示。本物はじっくり見れなかったのでここでじっくり見れて良かった。 最後の晩餐 左の建物から見学できます。要予約。もちろん撮影禁止。 ダヴィンチの大傑作。思ってた以上にデカイのと、最近修復が終わったばかりなのに損傷が激しい。ユダのキリストを売って得た金の袋はほとんど確認できないぐらい。 あとなんとなくダヴィンチっぽくない絵って印象が強い。 という感じでミラノでした。高層ビルもいっぱいある大都会。そういう意味では面白さはあまりないけれど、やっぱり最後の晩餐の為だけに行ってよかったと思います。  関連リンク ミラノ - Wikipedia ミラノ 旅行・観光ガイド 2017年 - トリップアドバイザー ミラノのドゥオーモ - Wikipedia 大聖堂 (ドゥオーモ)へ行く前に!見どころをチェック - トリップアドバイザー ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア - Wikipedia ヴィットーリオ エマヌエーレ 2 世のガッレリアへ行く前に!見どころをチェック - トリップアドバイザー 最後の晩餐 (レオナルド) - Wikipedia 壁画 最後の晩餐 口コミ・写真・地図・情報 - トリップアドバイザー好きなものを好きな時に好きなように

-------広告-------