イタリア一人旅シリーズ

シリーズ記事:

  1. 【イタリア】フィレンツェ一人旅 ー サンタ・クローチェ教会、シニョリーア広場、アカデミア美術館
  2. 【イタリア】フィレンツェ一人旅 ー ウフィツィ美術館、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会
  3. 【イタリア】フィレンツェ一人旅 ー サン・マルコ美術館 (現在の記事)
  4. 【イタリア】ピサ一人旅 ー ピサの斜塔
  5. 【イタリア】フィレンツェ一人旅 ー メディチ家礼拝堂

フィレンツェ一人旅シリーズ

シリーズ記事:

  1. 【イタリア】フィレンツェ一人旅 ー サンタ・クローチェ教会、シニョリーア広場、アカデミア美術館
  2. 【イタリア】フィレンツェ一人旅 ー ウフィツィ美術館、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会
  3. 【イタリア】フィレンツェ一人旅 ー サン・マルコ美術館 (現在の記事)

2014年6月、イタリアの北部、フィレンツェに一人旅をした時の記録です。

午前はフィレンツェ市内を少し回って、午後は近場の都市であるピサに。滞在も3日目となり目ぼしい観光地はだいたい回っているのもあって時間の余裕が。なのでちょっとした場所ならバスを使わず徒歩で。

フィレンツェ – Wikipedia

フィレンツェ 旅行・観光ガイド 2017年 – トリップアドバイザー

サン・マルコ美術館

サン・マルコ美術館 – Wikipedia

サンマルコ美術館へ行く前に!見どころをチェック – トリップアドバイザー

f:id:FantasyPort:20170317192045j:plain

そこまで大きくない美術館。教会付属です。

f:id:FantasyPort:20170317192046j:plain

美術品(主に壁画)と共に、サヴォナローラ関連の物が置いてあります。サヴォナローラに興味あるならオススメ。

f:id:FantasyPort:20170317192048j:plain

サヴォナローラとは宗教改革を起こそうとした修道士。けど手口が過激すぎて最後は火刑になった人。

ジロラモ・サヴォナローラ – Wikipedia

f:id:FantasyPort:20170317192047j:plain

ここでミサを行ったりするのかな?白い椅子がちょっと違和感ある感じ。

f:id:FantasyPort:20170317192050j:plain

f:id:FantasyPort:20170317192049j:plain

最後の晩餐。あの人のあれではないほうですがこちらも見ごたえあります。

f:id:FantasyPort:20170317192052j:plainf:id:FantasyPort:20170317192053j:plain

この美術館のメイン。フラ・アンジェリコの「受胎告知」。息呑む美しさ。

f:id:FantasyPort:20170317192051j:plain

平日の朝という事で人が少なく、館内を回っても人がほとんどいない為、ゆっくり観覧閲覧できて快適でした。

この後はピサへ電車で。1時間ぐらいで着きます。

この頃にはイタリアの電車にも慣れたもの。切符を買うのに戸惑っている旅行者に親切に買い方を教えてあげて、その後に手間賃よこせと金を請求する物乞いというかそういう商売の人も見慣れたものに。

切符買ってると横からスッと寄ってくるから大丈夫だよわかってるよって言ってあげると殺しそうな目で睨みながら去って行きます。怖いよおばあちゃん。あと何も言ってないのに勝手にボタン押してくる人とか。スリっぽい人とか。イタリアの駅には色々いたなぁ。

 

 

次のシリーズ記事:

Portイタリアフィレンツェ旅行・一人旅海外旅行2014年6月、イタリアの北部、フィレンツェに一人旅をした時の記録です。 午前はフィレンツェ市内を少し回って、午後は近場の都市であるピサに。滞在も3日目となり目ぼしい観光地はだいたい回っているのもあって時間の余裕が。なのでちょっとした場所ならバスを使わず徒歩で。 フィレンツェ - Wikipedia フィレンツェ 旅行・観光ガイド 2017年 - トリップアドバイザー サン・マルコ美術館 サン・マルコ美術館 - Wikipedia サンマルコ美術館へ行く前に!見どころをチェック - トリップアドバイザー そこまで大きくない美術館。教会付属です。 美術品(主に壁画)と共に、サヴォナローラ関連の物が置いてあります。サヴォナローラに興味あるならオススメ。 サヴォナローラとは宗教改革を起こそうとした修道士。けど手口が過激すぎて最後は火刑になった人。 ジロラモ・サヴォナローラ - Wikipedia ここでミサを行ったりするのかな?白い椅子がちょっと違和感ある感じ。 最後の晩餐。あの人のあれではないほうですがこちらも見ごたえあります。 この美術館のメイン。フラ・アンジェリコの「受胎告知」。息呑む美しさ。 平日の朝という事で人が少なく、館内を回っても人がほとんどいない為、ゆっくり観覧閲覧できて快適でした。 この後はピサへ電車で。1時間ぐらいで着きます。 この頃にはイタリアの電車にも慣れたもの。切符を買うのに戸惑っている旅行者に親切に買い方を教えてあげて、その後に手間賃よこせと金を請求する物乞いというかそういう商売の人も見慣れたものに。 切符買ってると横からスッと寄ってくるから大丈夫だよわかってるよって言ってあげると殺しそうな目で睨みながら去って行きます。怖いよおばあちゃん。あと何も言ってないのに勝手にボタン押してくる人とか。スリっぽい人とか。イタリアの駅には色々いたなぁ。    アウトプットの為の旅行・一人旅の記録と主にファンタジー小説の読書感想

-------広告-------