2014年6月、イタリアの南部、ナポリに一人旅をした時の記録です。

マルタの青の洞門も体験したし、折角なのでこちらも見ようと、よく死ぬまでに行きたいとか何とか言われるカプリ島の青の洞窟へ。行き方が良くわからなかったのでツアーです。久しぶりに日本人の人とガッツリ会話。なんか年配の人が多くて欧州一人巡りを褒められたり心配されたり。

 

前回はこちら

 

目次

旅程

・1日目

 カポディモンテ美術館、国立考古学博物館

・2日目

 カプリ島、青の洞窟←この記事はここ

 

カプリ島 – Wikipedia

カプリ島 旅行・観光ガイド 2017年 – トリップアドバイザー

 

ナポリ港

朝からピザを食べつつナポリ港から移動。

f:id:FantasyPort:20170317191731j:plain

 

港近くには城が

f:id:FantasyPort:20170317191732j:plain

 

船から見えるナポリの町。船から見る景色は最高よね

f:id:FantasyPort:20170317191733j:plain

 

カプリ島

f:id:FantasyPort:20170317191734j:plain

 

そりゃティベリウス帝もここに引きこもるわって感じのリゾート。高級別荘地が並びます。

f:id:FantasyPort:20170317191735j:plain

 

船を乗り換えて現地へ。

f:id:FantasyPort:20170317191736j:plain

 

道中。世界中の金持ちの別荘があるそうな。

f:id:FantasyPort:20170317191737j:plain

 

水がどんどん青く。無加工です。もうすごい

f:id:FantasyPort:20170317191738j:plain

 

入口付近。順番の為に結構待たされる。世界中のツアー客が待ってて変に楽しい。セレブっぽい人に手を振ったり雑談したり

f:id:FantasyPort:20170317191739j:plain

 

青の洞窟

青の洞窟 (カプリ島) – Wikipedia

青の洞窟へ行く前に!見どころをチェック – トリップアドバイザー

f:id:FantasyPort:20170317191740j:plain

 

入り口はこの通り超狭い(船頭以外は船内で寝転んで入る)

f:id:FantasyPort:20170317191741j:plain

 

水もさらに青く

f:id:FantasyPort:20170317191742j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191743j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191744j:plain

 

やっと順番。前の人が出たら入るよと言われてテンションは最高潮。

f:id:FantasyPort:20170317191745j:plain

 

出てきた

f:id:FantasyPort:20170317191746j:plain

 

おっちゃんの渾身の背中反らし

f:id:FantasyPort:20170317191747j:plain

 

そして自分たちの番。GOGOGO

f:id:FantasyPort:20170317191748j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191749j:plain

 

外でも十分青いと思っていたらさらに青

f:id:FantasyPort:20170317191750j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191751j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191752j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191754j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191753j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191755j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191756j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191757j:plain

 

洞窟内部

f:id:FantasyPort:20170317191758j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191800j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191759j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191801j:plain

 

ブレまくっていて悲しいですが幻想的なブルー。青。蒼。感動。

f:id:FantasyPort:20170317191802j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191803j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191804j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191805j:plain

 

息を呑むような

f:id:FantasyPort:20170317191806j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191807j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191808j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191809j:plain

 

入口の光との調和

f:id:FantasyPort:20170317191810j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191811j:plain

 

終了。この間わずか3分である。短すぎ!

f:id:FantasyPort:20170317191812j:plain

 

カプリ島船着き場

あとはご飯を食べて帰りのナポリ行の船が来るまで船着き場周辺でのんびり。

f:id:FantasyPort:20170317191813j:plain

 

すごい体験だったねーと他の人と語ったり。日本語で細かく感想を言い合えて凄くうれしかったの覚えてます。

f:id:FantasyPort:20170317191814j:plain

 

一応浮いているように見える。

f:id:FantasyPort:20170317191815j:plain

 

あいかわらず快晴。旅運は最高。

f:id:FantasyPort:20170317191816j:plain

 

iphoneでの動画

細切れ短すぎ動画。一応撮ってたレベル。


カプリ島青の洞窟 入る前


カプリ島 青の洞窟 内部


カプリ島 青の洞窟 内部2

 

青のなんとかの2つ目を制覇しました。こっちの方が青くて神秘的で素晴らしかったですが、いかんせん3分あるかないかの短すぎるアトラクション。落ち着いて見れるって意味ではマルタのほうがいいかも。しかし青という色の美しさ、自然が作り出した神秘にただただ感動でした。

 

次はこちら

 

A13 地球の歩き方 南イタリアとマルタ 2017~2018

A13 地球の歩き方 南イタリアとマルタ 2017~2018

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2017/04/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

Portイタリア旅行・一人旅2014年6月、イタリアの南部、ナポリに一人旅をした時の記録です。 マルタの青の洞門も体験したし、折角なのでこちらも見ようと、よく死ぬまでに行きたいとか何とか言われるカプリ島の青の洞窟へ。行き方が良くわからなかったのでツアーです。久しぶりに日本人の人とガッツリ会話。なんか年配の人が多くて欧州一人巡りを褒められたり心配されたり。   前回はこちら   目次 目次 旅程 ナポリ港 カプリ島 青の洞窟 カプリ島船着き場 iphoneでの動画 旅程 ・1日目  カポディモンテ美術館、国立考古学博物館 ・2日目  カプリ島、青の洞窟←この記事はここ   カプリ島 - Wikipedia カプリ島 旅行・観光ガイド 2017年 - トリップアドバイザー   ナポリ港 朝からピザを食べつつナポリ港から移動。   港近くには城が   船から見えるナポリの町。船から見る景色は最高よね   カプリ島   そりゃティベリウス帝もここに引きこもるわって感じのリゾート。高級別荘地が並びます。   船を乗り換えて現地へ。   道中。世界中の金持ちの別荘があるそうな。   水がどんどん青く。無加工です。もうすごい   入口付近。順番の為に結構待たされる。世界中のツアー客が待ってて変に楽しい。セレブっぽい人に手を振ったり雑談したり   青の洞窟 青の洞窟 (カプリ島) - Wikipedia 青の洞窟へ行く前に!見どころをチェック - トリップアドバイザー   入り口はこの通り超狭い(船頭以外は船内で寝転んで入る)   水もさらに青く   やっと順番。前の人が出たら入るよと言われてテンションは最高潮。   出てきた   おっちゃんの渾身の背中反らし   そして自分たちの番。GOGOGO   外でも十分青いと思っていたらさらに青   洞窟内部   ブレまくっていて悲しいですが幻想的なブルー。青。蒼。感動。   息を呑むような   入口の光との調和   終了。この間わずか3分である。短すぎ!   カプリ島船着き場 あとはご飯を食べて帰りのナポリ行の船が来るまで船着き場周辺でのんびり。   すごい体験だったねーと他の人と語ったり。日本語で細かく感想を言い合えて凄くうれしかったの覚えてます。   一応浮いているように見える。   あいかわらず快晴。旅運は最高。   iphoneでの動画 細切れ短すぎ動画。一応撮ってたレベル。 カプリ島青の洞窟 入る前 カプリ島 青の洞窟 内部 カプリ島 青の洞窟 内部2   青のなんとかの2つ目を制覇しました。こっちの方が青くて神秘的で素晴らしかったですが、いかんせん3分あるかないかの短すぎるアトラクション。落ち着いて見れるって意味ではマルタのほうがいいかも。しかし青という色の美しさ、自然が作り出した神秘にただただ感動でした。   次はこちら   A13 地球の歩き方 南イタリアとマルタ 2017~2018 作者: 地球の歩き方編集室 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社 発売日: 2017/04/06 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る    好きなものを好きな時に好きなように