FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE(以下FF12tza)がとにかく待ち遠しいわけですよ。

オウガシリーズ最高だからね

 もともとタクティクスオウガとかのオウガバトルサーガ大好きで松野信者というのもあったんでしょうけど、それがファイナルファンタジーと組み合わさるってだけで大興奮。FF12無印は発売日に購入して徹夜でプレイ。世間の評判とかオイヨイヨとか色々あったらしいですが知るか!という感じで狂ったようにプレイし続けていました。ガンビットの組み合わせ考えるだけで1時間つかったり。

攻略本のアルティマニア(シナリオ・バトル・Ω)が出た時もまたプレイし直し。なるほどストーリーそういう事かーうおー!すげー!としゃぶり尽くして満足感を得て終了。たぶん人生で一番長くプレイしたファイナルファンタジーが12だったと思います(周回したという意味なら6)。

ファイナルファンタジー12 シナリオアルティマニア (SE-MOOK)ファイナルファンタジー12 バトルアルティマニア (SE-MOOK)ファイナルファンタジーXII アルティマニアΩ(SE-MOOK)

インターナショナル版が出た時はどうしようか凄い迷いましたがちょうど忙しい時期でプレイできそうになく、泣く泣く諦め。それがずっと心に引っかかっていました(レヴァナント・ウイング?そもそもDS持ってなかったなぁ?)。

ファイナルファンタジー12 インターナショナル ゾディアックジョブシステム マスターブック (Vジャンプブックス)ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング

待ち望んでいたんです

そしてFF12tza発売の報。いやぁこれはもうプレイせざるを得ないヤッター。

 公式も力を入れているのかよくわかりませんがちゃんとサイトや企画や生放送もやっているし一応追いかけていて楽しい。

シナリオ追加は流石にない?みたいですがBGM再録とグラフィック強化だけで結構満足です。

www.jp.square-enix.com

www.instagram.com

 それ以外にも、無印FF12から比べるとシステムの改善・追加が結構あるのでインターナショナル版をやっていなかったのは逆に大幅パワーアップを体感できて良いかも?無印当時との違いを楽しめそうです(無印、インターナショナル、tzaの違いとかはwikiに詳しく載ってます)。

ファイナルファンタジーXII – Wikipedia

公式が遊びすぎてる販促動画


120秒でわかる『FFXII TZA』①


120秒でわかる『FFXII TZA』②

そして衝撃だった販促動画。まさかここまで主人公空気問題とか滑舌をネタにするとは・・・最初見た時は爆笑でした。

生放送も見ましたが確かに物凄く滑舌良くなっているしここまでやるならボイスも再録してほしかったなぁとも思う。残念。

生放送も雰囲気が凄い明るくて、主人公ヴァン役の人はオイヨイヨと揶揄されてた事すらネタにして販促にする。当時の叩きとかで絶対悔しい思いをしただろうに。もうなんというか作り手側の鑑です。感動する。

ドラクエなんてなかった

とりとめのない話になりましたが、とにかくFF12が待ち遠しい。今は無印アルティマニアを読み返そうか凄い迷っているところです。中途半端に知識を仕入れるか、久しぶりのストーリーを楽しむか・・・。待つ楽しさを味わうのは久しぶり。嬉しい。

しかし気になるのはこのFF12tza発売の2週間後にドラクエ11が出ること。おやぁ?

たぶんFF12tzaをやり込む事になると思うのでドラクエのプレイはだいぶ後になりそうかな。子供の頃のように教室に着くなり「どこまで進んだ?」とか競争したり自慢するような状況じゃないので全然いいんですけどね。ただ時期もうちょっとズラして欲しかったなぁと。

そして予約へ

とりあえず予約は早期購入特典とカスタムテーマが欲しかったのでAmazonでポチっと。ついでにアルティマニア攻略本とサントラも一緒に。見てください立派な養分です。カートのお値段見て一瞬ヒエッってなりましたが一瞬です。さぁはやくー発売してくれーたのしみー。

万難を排し、正座して待つ毎日です。

 
https://i1.wp.com/fantasyport.net/wp-content/uploads/2017/10/game_item.png?fit=763%2C763https://i1.wp.com/fantasyport.net/wp-content/uploads/2017/10/game_item.png?resize=150%2C150Portゲーム感想・レビュー日記・雑記FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE(以下FF12tza)がとにかく待ち遠しいわけですよ。 オウガシリーズ最高だからね  もともとタクティクスオウガとかのオウガバトルサーガ大好きで松野信者というのもあったんでしょうけど、それがファイナルファンタジーと組み合わさるってだけで大興奮。FF12無印は発売日に購入して徹夜でプレイ。世間の評判とかオイヨイヨとか色々あったらしいですが知るか!という感じで狂ったようにプレイし続けていました。ガンビットの組み合わせ考えるだけで1時間つかったり。 攻略本のアルティマニア(シナリオ・バトル・Ω)が出た時もまたプレイし直し。なるほどストーリーそういう事かーうおー!すげー!としゃぶり尽くして満足感を得て終了。たぶん人生で一番長くプレイしたファイナルファンタジーが12だったと思います(周回したという意味なら6)。 インターナショナル版が出た時はどうしようか凄い迷いましたがちょうど忙しい時期でプレイできそうになく、泣く泣く諦め。それがずっと心に引っかかっていました(レヴァナント・ウイング?そもそもDS持ってなかったなぁ?)。 待ち望んでいたんです そしてFF12tza発売の報。いやぁこれはもうプレイせざるを得ないヤッター。  公式も力を入れているのかよくわかりませんがちゃんとサイトや企画や生放送もやっているし一応追いかけていて楽しい。 シナリオ追加は流石にない?みたいですがBGM再録とグラフィック強化だけで結構満足です。 www.jp.square-enix.com www.instagram.com  それ以外にも、無印FF12から比べるとシステムの改善・追加が結構あるのでインターナショナル版をやっていなかったのは逆に大幅パワーアップを体感できて良いかも?無印当時との違いを楽しめそうです(無印、インターナショナル、tzaの違いとかはwikiに詳しく載ってます)。 ファイナルファンタジーXII - Wikipedia 公式が遊びすぎてる販促動画 120秒でわかる『FFXII TZA』① 120秒でわかる『FFXII TZA』② そして衝撃だった販促動画。まさかここまで主人公空気問題とか滑舌をネタにするとは・・・最初見た時は爆笑でした。 生放送も見ましたが確かに物凄く滑舌良くなっているしここまでやるならボイスも再録してほしかったなぁとも思う。残念。 生放送も雰囲気が凄い明るくて、主人公ヴァン役の人はオイヨイヨと揶揄されてた事すらネタにして販促にする。当時の叩きとかで絶対悔しい思いをしただろうに。もうなんというか作り手側の鑑です。感動する。 ドラクエなんてなかった とりとめのない話になりましたが、とにかくFF12が待ち遠しい。今は無印アルティマニアを読み返そうか凄い迷っているところです。中途半端に知識を仕入れるか、久しぶりのストーリーを楽しむか・・・。待つ楽しさを味わうのは久しぶり。嬉しい。 しかし気になるのはこのFF12tza発売の2週間後にドラクエ11が出ること。おやぁ? たぶんFF12tzaをやり込む事になると思うのでドラクエのプレイはだいぶ後になりそうかな。子供の頃のように教室に着くなり「どこまで進んだ?」とか競争したり自慢するような状況じゃないので全然いいんですけどね。ただ時期もうちょっとズラして欲しかったなぁと。 そして予約へ とりあえず予約は早期購入特典とカスタムテーマが欲しかったのでAmazonでポチっと。ついでにアルティマニア攻略本とサントラも一緒に。見てください立派な養分です。カートのお値段見て一瞬ヒエッってなりましたが一瞬です。さぁはやくー発売してくれーたのしみー。 万難を排し、正座して待つ毎日です。  アウトプットの為の旅行・一人旅の記録と主にファンタジー小説の読書感想

-------広告-------