2017年5月24日

【読書感想】華胥の幽夢 十二国記

今回の本 王達の願い、理想、葛藤が詰まった十二国記の短編集。 感想 十二国記初の短編集。表題作だけ少し長いですがどれもサクッと読めます。世界のあり方、十二国記世界の解き明かしというよりは、人の、王の、心の話が多いです。 いかに麒麟が選ぶ天意で選ばれた王だとしても、悩みは尽きないわけで。その王達の苦悩が見て取れるので、王としてだけではなくその人間の部分が見えるのが面白い。 物語は5篇。 ・冬栄-泰麒 […]