2014年6月、オーストリアの首都であるウィーンを一人旅をした時の記録です。

 分割の後編です。

 

ウィーン – Wikipedia

ウィーン 旅行・観光ガイド 2017年 – トリップアドバイザー

目次

オーストリア旅程

・1日目

 応用美術博物館、シュテファン大聖堂、ヴォティーフ教会

・2日目

 宮廷家具博物館、シェーンブルン宮殿、ホーフグルク宮殿

 英雄広場、国立図書館、王宮宝物館 ←このページはここ

・3日目

 ベルヴェデーレ宮殿、美術史美術館

ヘルデンプラッツ<英雄広場>

Heldenplatzへ行く前に!見どころをチェック – トリップアドバイザー

f:id:FantasyPort:20170317191203j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191204j:plain

 

なんか凄そうな外見ですが図書館。どういうことだ。

f:id:FantasyPort:20170317191205j:plain

 

オーストリア国立図書館

オーストリア国立図書館へ行く前に!見どころをチェック – トリップアドバイザー

世界一美しいといわれる図書館

f:id:FantasyPort:20170317191223j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191224j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191225j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191226j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191228j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191227j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191206j:plain

 

消えた北海道

f:id:FantasyPort:20170317191229j:plain

 

王宮宝物館

王宮宝物館へ行く前に!見どころをチェック – トリップアドバイザー

ハプスブルクの家宝であり、つまるところ神聖ローマ帝国の至宝が置いてあります。

f:id:FantasyPort:20170317191207j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191208j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191209j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191210j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191211j:plain

 

エメラルドの岩そのままで作った容器。なんだこれ。

f:id:FantasyPort:20170317191212j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191213j:plain

 

キリスト磔刑の十字架の釘を入れた顕示台。なんだそれ。

f:id:FantasyPort:20170317191214j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191215j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191217j:plain

 

皇帝冠

f:id:FantasyPort:20170317191216j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191218j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191219j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191220j:plain

 

金羊毛騎士団勲位の首飾り。

f:id:FantasyPort:20170317191221j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191222j:plain

すべてが豪華絢爛。日本語オーディオガイドは10点しか対応してないですがそれ以外も全部国宝級。
ハプスブルク家の凄さがわかります。

 

宮殿を中心とした豪華装飾品まみれの1日でした。
元々ハプスブルク家に興味があって調べていたのは十年くらい前。ほとんど忘れてたのが残念でならない。
ウィーンに観光旅行する人は、マリー・テレジアとシシィ関連だけでも調べてから来ると幸せになれる気がします。
あと、どちらの宮殿に入るにもチケットを買わねばならんのですが、どちらも結構並びます。

しかし「シシィチケット」って ものがあり、これさえ持ってれば二つの宮殿と宮廷家具博物館に列を無視して入れます。
宮廷家具博物館は穴場で、ほとんど人も並んでない(というか館内に人がいない)のでここで買うのがオススメ。(2014年の情報です)

 

※写真追加

iPhone で撮った写真がみつかったので追加。

王宮博物館の入り口案内板なんですが白本語に爆笑したのでした。

f:id:FantasyPort:20170520085556j:image

 

次回はこちら

A17 地球の歩き方 ウィーンとオーストリア 2017~2018

A17 地球の歩き方 ウィーンとオーストリア 2017~2018

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2016/11/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

Portオーストリア旅行・一人旅2014年6月、オーストリアの首都であるウィーンを一人旅をした時の記録です。  分割の後編です。   ウィーン - Wikipedia ウィーン 旅行・観光ガイド 2017年 - トリップアドバイザー 目次 目次 オーストリア旅程 ヘルデンプラッツ<英雄広場> オーストリア国立図書館 王宮宝物館 オーストリア旅程 ・1日目  応用美術博物館、シュテファン大聖堂、ヴォティーフ教会 ・2日目  宮廷家具博物館、シェーンブルン宮殿、ホーフグルク宮殿  英雄広場、国立図書館、王宮宝物館 ←このページはここ ・3日目  ベルヴェデーレ宮殿、美術史美術館 ヘルデンプラッツ<英雄広場> Heldenplatzへ行く前に!見どころをチェック - トリップアドバイザー   なんか凄そうな外見ですが図書館。どういうことだ。   オーストリア国立図書館 オーストリア国立図書館へ行く前に!見どころをチェック - トリップアドバイザー 世界一美しいといわれる図書館   消えた北海道   王宮宝物館 王宮宝物館へ行く前に!見どころをチェック - トリップアドバイザー ハプスブルクの家宝であり、つまるところ神聖ローマ帝国の至宝が置いてあります。   エメラルドの岩そのままで作った容器。なんだこれ。   キリスト磔刑の十字架の釘を入れた顕示台。なんだそれ。   皇帝冠   金羊毛騎士団勲位の首飾り。 すべてが豪華絢爛。日本語オーディオガイドは10点しか対応してないですがそれ以外も全部国宝級。ハプスブルク家の凄さがわかります。   宮殿を中心とした豪華装飾品まみれの1日でした。元々ハプスブルク家に興味があって調べていたのは十年くらい前。ほとんど忘れてたのが残念でならない。ウィーンに観光旅行する人は、マリー・テレジアとシシィ関連だけでも調べてから来ると幸せになれる気がします。あと、どちらの宮殿に入るにもチケットを買わねばならんのですが、どちらも結構並びます。 しかし「シシィチケット」って ものがあり、これさえ持ってれば二つの宮殿と宮廷家具博物館に列を無視して入れます。宮廷家具博物館は穴場で、ほとんど人も並んでない(というか館内に人がいない)のでここで買うのがオススメ。(2014年の情報です)   ※写真追加 iPhone で撮った写真がみつかったので追加。 王宮博物館の入り口案内板なんですが白本語に爆笑したのでした。   次回はこちら A17 地球の歩き方 ウィーンとオーストリア 2017~2018 作者: 地球の歩き方編集室 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社 発売日: 2016/11/12 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る    好きなものを好きな時に好きなように