2014年5月、フランスの首都であるパリを一人旅をした時の記録です。

 

前回はこちら

 

フランス4日目でパリ3日目です。

一番行きたかった所に行ってきました。

パリ – Wikipedia

パリ 旅行・観光ガイド 2017年 – トリップアドバイザー

目次

フランス旅程

・1日目 

 ノートルダム大聖堂、エッフェル、凱旋門

・2日目 

 ヴェルサイユ宮殿

 ルーブル美術館

・3日目

 モン・サン=ミシェル

・4日目

 国立中世美術館  ←このページはここ

 オルセー美術館、コンコルド広場、ムーランルージュ

国立中世美術館

クリュニー中世美術館へ行く前に!見どころをチェック – トリップアドバイザー

f:id:FantasyPort:20170317190913j:plain

 

何を隠そうここに来たくてパリに、いやヨーロッパ旅行しにきたようなもの。

f:id:FantasyPort:20170317190914j:plain

 

中世に使われていた小道具・大道具色々飾られています

f:id:FantasyPort:20170317190915j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190916j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190917j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190918j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190919j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190920j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190921j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190922j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190923j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190924j:plain

 

La Dame à la licorne(貴婦人と一角獣)

f:id:FantasyPort:20170317190925j:plain

 

これが見たかったわけですよ

f:id:FantasyPort:20170317190926j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190927j:plain

 

6枚のタペストリーで、それぞれ人間の感覚を象徴したタペストリーになっています。

f:id:FantasyPort:20170317190928j:plain

 

f:id:FantasyPort:20170317190930j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190929j:plain

 

これは触覚

f:id:FantasyPort:20170317190931j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190932j:plain

 

味覚

f:id:FantasyPort:20170317190933j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190934j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190935j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190936j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190937j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190938j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190939j:plain

 

嗅覚

f:id:FantasyPort:20170317190940j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190941j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190942j:plain

 

聴覚

f:id:FantasyPort:20170317190943j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190944j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190945j:plain

 

視覚

f:id:FantasyPort:20170317190946j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190947j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190948j:plain

 

そして謎の最後の1つ。6番目の感覚

f:id:FantasyPort:20170317190949j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190950j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190951j:plain

 

「我が唯一つの望み」

f:id:FantasyPort:20170317190952j:plain

 

一般的には愛とか理解と解釈されてるらしいです

f:id:FantasyPort:20170317190953j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190954j:plain

 

日本でも2013年に展示会開かれてましたが、ちょうど渡愛の時だったので行けず。本場フランスで見れてよかったです。

f:id:FantasyPort:20170317190955j:plain

 

混雑とかカメラの関係で正面から綺麗に撮ることできなかったのは残念ですが、近づいて細部見れたのはよかった

f:id:FantasyPort:20170317190956j:plain

 

他にもタペストリーはたくさん

f:id:FantasyPort:20170317190957j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190958j:plain

f:id:FantasyPort:20170317190959j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191000j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191001j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191002j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191003j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191004j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191005j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191006j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191007j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191008j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191009j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191010j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191011j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191012j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191013j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191014j:plain

 

一角獣の角(としているイッカクの角)

f:id:FantasyPort:20170317191016j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191015j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191017j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191018j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191019j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191020j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191021j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191022j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191023j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191024j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191025j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191026j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191027j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191028j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191029j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191030j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191032j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191031j:plain

f:id:FantasyPort:20170317191033j:plain

質・量ともに最高でした。心ゆくまでタペストリーを堪能。

 

長くなったので後半に分割。次回はこちら

地球の歩き方 A06 フランス 2017-2018

地球の歩き方 A06 フランス 2017-2018

 
Portフランス旅行・一人旅2014年5月、フランスの首都であるパリを一人旅をした時の記録です。   前回はこちら   フランス4日目でパリ3日目です。 一番行きたかった所に行ってきました。 パリ - Wikipedia パリ 旅行・観光ガイド 2017年 - トリップアドバイザー 目次 目次 フランス旅程 国立中世美術館 フランス旅程 ・1日目   ノートルダム大聖堂、エッフェル、凱旋門 ・2日目   ヴェルサイユ宮殿  ルーブル美術館 ・3日目  モン・サン=ミシェル ・4日目  国立中世美術館  ←このページはここ  オルセー美術館、コンコルド広場、ムーランルージュ 国立中世美術館 クリュニー中世美術館へ行く前に!見どころをチェック - トリップアドバイザー   何を隠そうここに来たくてパリに、いやヨーロッパ旅行しにきたようなもの。   中世に使われていた小道具・大道具色々飾られています   La Dame à la licorne(貴婦人と一角獣)   これが見たかったわけですよ   6枚のタペストリーで、それぞれ人間の感覚を象徴したタペストリーになっています。     これは触覚   味覚   嗅覚   聴覚   視覚   そして謎の最後の1つ。6番目の感覚   「我が唯一つの望み」   一般的には愛とか理解と解釈されてるらしいです   日本でも2013年に展示会開かれてましたが、ちょうど渡愛の時だったので行けず。本場フランスで見れてよかったです。   混雑とかカメラの関係で正面から綺麗に撮ることできなかったのは残念ですが、近づいて細部見れたのはよかった   他にもタペストリーはたくさん   一角獣の角(としているイッカクの角) 質・量ともに最高でした。心ゆくまでタペストリーを堪能。   長くなったので後半に分割。次回はこちら 地球の歩き方 A06 フランス 2017-2018 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2016/12/19 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る  好きなものを好きな時に好きなように