Northern Ireland 2日目。ベルファストの町を散策しました。

f:id:FantasyPort:20170317185823j:plain

 大学前の教会。

f:id:FantasyPort:20170317185824j:plain

 

尖塔の先に風見鶏

f:id:FantasyPort:20170317185825j:plain

 

Ulster Museum(アルスター博物館)

f:id:FantasyPort:20170317185826j:plain

 

博物館です。剥製やら地元の歴史やら色々

f:id:FantasyPort:20170317185828j:plain

f:id:FantasyPort:20170317185827j:plain

f:id:FantasyPort:20170317185829j:plain

 

いい顔

f:id:FantasyPort:20170317185830j:plain

f:id:FantasyPort:20170317185831j:plain

f:id:FantasyPort:20170317185832j:plain

 

町並み

f:id:FantasyPort:20170317185833j:plain

 

The Searcher”, Wardrobe Statue

ナルニア国物語のあの衣装ダンスの像(作者の故郷の為)

f:id:FantasyPort:20170317185834j:plain

 

ライオンと魔女―ナルニア国ものがたり〈1〉 (岩波少年文庫)

ライオンと魔女―ナルニア国ものがたり〈1〉 (岩波少年文庫)

 

 

 

これが見たくて北アイルランドまで来たわけです

f:id:FantasyPort:20170317185835j:plain

 

「像」ですが、割と木目とかちゃんとしてるのでちゃんとした衣装ダンスに見える。

f:id:FantasyPort:20170317185836j:plain

 

裏にはアスラン

f:id:FantasyPort:20170317185837j:plain

 

場所はちょっと町の中心から離れた図書館前。言われないと気付かないような場所。

f:id:FantasyPort:20170317185839j:plain

 

てっきりC・Sルイスの像と思っていたら、ディゴリー・カーク教授だそうで。

f:id:FantasyPort:20170317185838j:plain

 

これに子供4人入るのはつらいよなーってのが冷静な感想。二人なら何とか。

でも普段は毛皮のコートが入っている事を考えると。。

f:id:FantasyPort:20170317185840j:plain

f:id:FantasyPort:20170317185841j:plain

f:id:FantasyPort:20170317185842j:plain

f:id:FantasyPort:20170317185843j:plain

 

上側はちょっと残念

f:id:FantasyPort:20170317185844j:plain

f:id:FantasyPort:20170317185845j:plain

 

これを見たいがための北アイルランド旅行でした。ナルニアが好きで良かった。

近くの大学には同じくナルニアのランプのモデルになったガス燈があるらしいのですが時間切れで行けず。でもこれで次にくる理由になって逆に良かったと思ってます。

 

A05 地球の歩き方 アイルランド 2015~2016

A05 地球の歩き方 アイルランド 2015~2016

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2015/06/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

Portイギリス旅行・一人旅Northern Ireland 2日目。ベルファストの町を散策しました。  大学前の教会。   尖塔の先に風見鶏   Ulster Museum(アルスター博物館)   博物館です。剥製やら地元の歴史やら色々   いい顔   町並み   The Searcher', Wardrobe Statue ナルニア国物語のあの衣装ダンスの像(作者の故郷の為)   ライオンと魔女―ナルニア国ものがたり〈1〉 (岩波少年文庫) 作者: C.S.ルイス,ポーリン・ベインズ,C.S. Lewis,瀬田貞二 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2000/06/16 メディア: ペーパーバック クリック: 36回 この商品を含むブログ (179件) を見る       これが見たくて北アイルランドまで来たわけです   「像」ですが、割と木目とかちゃんとしてるのでちゃんとした衣装ダンスに見える。   裏にはアスラン   場所はちょっと町の中心から離れた図書館前。言われないと気付かないような場所。   てっきりC・Sルイスの像と思っていたら、ディゴリー・カーク教授だそうで。   これに子供4人入るのはつらいよなーってのが冷静な感想。二人なら何とか。 でも普段は毛皮のコートが入っている事を考えると。。   上側はちょっと残念   これを見たいがための北アイルランド旅行でした。ナルニアが好きで良かった。 近くの大学には同じくナルニアのランプのモデルになったガス燈があるらしいのですが時間切れで行けず。でもこれで次にくる理由になって逆に良かったと思ってます。   A05 地球の歩き方 アイルランド 2015~2016 作者: 地球の歩き方編集室 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社 発売日: 2015/06/27 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る    好きなものを好きな時に好きなように