イギリス縦断旅シリーズ

シリーズ記事:

  1. 【イギリス】イギリス縦断一人旅 – エジンバラ2日目その1
  2. 【イギリス】イギリス縦断一人旅 – エジンバラ2日目その2
  3. 【イギリス】イギリス縦断一人旅 – エジンバラ3日目 (現在の記事)
  4. 【イギリス】イギリス縦断一人旅 – スターリングその1
  5. 【イギリス】イギリス縦断一人旅 – スターリングその2

エジンバラ旅行3日目です。

スコットランド議会

f:id:FantasyPort:20170317185212j:plain

Palace of Holyroodhouse(ホリールード宮殿)

f:id:FantasyPort:20170317185213j:plain

イギリス女王がスコットランド滞在時に利用する宮殿。普通に見学できます。

f:id:FantasyPort:20170317185214j:plain

しかし実際今も使われているだけあって、装飾品とか凄い。普通に謁見の間や大広間、寝室まで見学できます。

日本語音声ガイドも料金に含まれてたのでガッツリ聞きながら滞在

f:id:FantasyPort:20170317185215j:plain

宮殿の横にある教会跡

f:id:FantasyPort:20170317185216j:plain

いい感じに朽ちてます

f:id:FantasyPort:20170317185218j:plain

f:id:FantasyPort:20170317185219j:plain

f:id:FantasyPort:20170317185220j:plain

エジンバラ城より楽しめました。タペストリーもたくさんあり、大満足。

f:id:FantasyPort:20170317185221j:plain

MUSEUM of EDINBURGH(エジンバラ博物館)

町の変遷やらエジンバラに関係する物がたくさん。しかし如何せん近くにスコットランド博物館があるからなぁ。

f:id:FantasyPort:20170317185222j:plain

ハートの石。真ん中にツバかけるといいらしい。

f:id:FantasyPort:20170317185223j:plain

f:id:FantasyPort:20170317185225j:plain

f:id:FantasyPort:20170317185227j:plain

Scottish National Portrait Gallery(スコットランド国立肖像画美術館)

彫像やら肖像画やら、人物の顔を中心とした展示物。しかしスコットランド関係(?)の人が多く、ほとんど知らず。無知は罪

f:id:FantasyPort:20170317185226j:plain

Greyfriars Church(グレイフライヤーズ教会)

教会というより、その横の墓地を散策。

f:id:FantasyPort:20170317185228j:plain

世界で一番怖い墓地とかなんとか

f:id:FantasyPort:20170317185229j:plain

f:id:FantasyPort:20170317185231j:plain

確かに夜なら怖そう

f:id:FantasyPort:20170317185230j:plain

実際ナイトツアーもあるそうですが、一人で行っても虚しいのとビビリなので行きません。

f:id:FantasyPort:20170317185232j:plain

f:id:FantasyPort:20170317185233j:plain

お目当てはコレ。ハリーポッターの敵役、ヴォルデモート卿の名前のモデル?の人の墓

f:id:FantasyPort:20170317185234j:plain

トーマス・リドル。本人もまさか世界でTOP5に入るであろう知名度の悪役になってるとは思うまい

f:id:FantasyPort:20170317185235j:plain

時間ができたのでスコットランド博物館へ再び

f:id:FantasyPort:20170317185236j:plain

f:id:FantasyPort:20170317185238j:plain

世界初の哺乳類クローン、羊のドリー。の、剥製。

f:id:FantasyPort:20170317185237j:plain

f:id:FantasyPort:20170317185240j:plain

f:id:FantasyPort:20170317185239j:plain

エディンバラは旧市街・新市街と、町の中心部に見て回れる観光名所が揃ってるので余計な交通費をかけずに回れて大変素晴らしかったです。

ダヴィンチ・コードで使われた教会とか、いくつか見れなかった所もあるけど、ほとんど回収できたので良かった。いつかまた来たい。

次のシリーズ記事:

Portイギリススコットランド旅行・一人旅海外旅行エジンバラ旅行3日目です。 スコットランド議会 Palace of Holyroodhouse(ホリールード宮殿) イギリス女王がスコットランド滞在時に利用する宮殿。普通に見学できます。 しかし実際今も使われているだけあって、装飾品とか凄い。普通に謁見の間や大広間、寝室まで見学できます。 日本語音声ガイドも料金に含まれてたのでガッツリ聞きながら滞在 宮殿の横にある教会跡 いい感じに朽ちてます エジンバラ城より楽しめました。タペストリーもたくさんあり、大満足。 MUSEUM of EDINBURGH(エジンバラ博物館) 町の変遷やらエジンバラに関係する物がたくさん。しかし如何せん近くにスコットランド博物館があるからなぁ。 ハートの石。真ん中にツバかけるといいらしい。 Scottish National Portrait Gallery(スコットランド国立肖像画美術館) 彫像やら肖像画やら、人物の顔を中心とした展示物。しかしスコットランド関係(?)の人が多く、ほとんど知らず。無知は罪 Greyfriars Church(グレイフライヤーズ教会) 教会というより、その横の墓地を散策。 世界で一番怖い墓地とかなんとか 確かに夜なら怖そう 実際ナイトツアーもあるそうですが、一人で行っても虚しいのとビビリなので行きません。 お目当てはコレ。ハリーポッターの敵役、ヴォルデモート卿の名前のモデル?の人の墓 トーマス・リドル。本人もまさか世界でTOP5に入るであろう知名度の悪役になってるとは思うまい 時間ができたのでスコットランド博物館へ再び 世界初の哺乳類クローン、羊のドリー。の、剥製。 エディンバラは旧市街・新市街と、町の中心部に見て回れる観光名所が揃ってるので余計な交通費をかけずに回れて大変素晴らしかったです。 ダヴィンチ・コードで使われた教会とか、いくつか見れなかった所もあるけど、ほとんど回収できたので良かった。いつかまた来たい。アウトプットの為の旅行・一人旅の記録と主にファンタジー小説の読書感想

-------広告-------