アイスランドオーロラ旅シリーズ

シリーズ記事:

  1. 【アイスランド】オーロラ求めて二人旅 – ゴールデンサークル
  2. 【アイスランド】オーロラ求めて二人旅 – ブルーラグーン
  3. 【アイスランド】オーロラ求めて二人旅 – 氷河ピクニック (現在の記事)
  4. 【アイスランド】オーロラ求めて二人旅 – 念願のオーロラ
  5. 【アイスランド】オーロラ求めて二人旅 – ホエールウオッチング

Iceland4日目です。氷河を歩く&登るツアーに行ってきました。

ソウルヘイマヨークトル氷河

パラパラと小雨の中、車で数時間かけてレイキャヴィークから現地ソウルヘイマヨークトル氷河に到着。

f:id:FantasyPort:20170317184623j:plain

氷河。広い。なんかRPGに出てくるダンジョンぽい。

f:id:FantasyPort:20170317184624j:plain

とりあえずここを歩きます

f:id:FantasyPort:20170317184625j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184626j:plain

ピッケルとアイゼンと(見えていないが)ヘルメットを手に入れた!全部レンタル。ただ靴は自前なのでそれなりの靴を用意しておくのがオススメ

f:id:FantasyPort:20170317184627j:plain

まだまだアイゼンとピッケルは装備せず、氷河の近くまで歩く。

f:id:FantasyPort:20170317184628j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184629j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184630j:plain

ダンジョンに挑むぽい。どこの導かれし勇者なのか。

f:id:FantasyPort:20170317184631j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184632j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184634j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184633j:plain

本格的に氷河の前まできたらここで準備

f:id:FantasyPort:20170317184635j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184637j:plain

ちなみにジーパンで挑むバカはこのパーティには一人だけでした。

f:id:FantasyPort:20170317184636j:plain

まずは氷河の上を歩く

f:id:FantasyPort:20170317184638j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184639j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184640j:plain

火山灰も交じっているので黒い。そしてさらにその灰が凍って~の繰り返し。

f:id:FantasyPort:20170317184641j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184643j:plain

雪の白と氷の青と灰の黒

f:id:FantasyPort:20170317184642j:plain

クレバスもちらほら

f:id:FantasyPort:20170317184645j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184644j:plain

氷の層が美しく

f:id:FantasyPort:20170317184646j:plain

アイスクライミング

他のグループと合流し、ガイドが準備。

f:id:FantasyPort:20170317184648j:plain

いよいよアイスクライミング。レクチャーを受ける。

f:id:FantasyPort:20170317184649j:plain

勇気ある第一号。周りからは歓声が

f:id:FantasyPort:20170317184650j:plain

ピッケルからアイスアックス二刀流に装備を変更し、いざ

f:id:FantasyPort:20170317184651j:plain

写真じゃ伝わりませんが、産まれたての小鹿のように両手両足震えてます。

f:id:FantasyPort:20170317184652j:plain

スノーモービルからの筋肉痛もあり、この辺で両手の筋肉は死亡。

f:id:FantasyPort:20170317184653j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184654j:plain

氷に体を密着すれば何とかなる。這いずるように上がる。

f:id:FantasyPort:20170317184655j:plain

何とかゴール

f:id:FantasyPort:20170317184657j:plain

ゴールしたら

f:id:FantasyPort:20170317184656j:plain

ここから横に水平に立って

f:id:FantasyPort:20170317184658j:plain

バックで降りていく

f:id:FantasyPort:20170317184659j:plain

これは見てる分には怖かったけどやった時は楽しかった

f:id:FantasyPort:20170317184700j:plain

そして帰還。いやー強敵でしたね

f:id:FantasyPort:20170317184701j:plain

全身ずたずたになった身体を休めている間にも、次々と挑戦者。みんな頑張ってる

f:id:FantasyPort:20170317184702j:plain

結局全員ちゃんと上まで登れてました。よかった一人だけ失敗とかじゃなくて。

f:id:FantasyPort:20170317184703j:plain

登った後は氷河ツアー再開

f:id:FantasyPort:20170317184704j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184705j:plain

ガイドが何か掘っていると思ったら

f:id:FantasyPort:20170317184706j:plain

氷を投げた

f:id:FantasyPort:20170317184707j:plain

ガラガラと鳴りながら落下する氷。落ちたらこうなるよという典型的なアレでした。奈落。

f:id:FantasyPort:20170317184708j:plain

氷の洞窟

氷河中にあった氷の洞窟

f:id:FantasyPort:20170317184709j:plain

当初、アイスランドに行くのならと予定していたけども日程と交通の便を考慮して中止にしていた別の場所の氷の洞窟体験。

f:id:FantasyPort:20170317184710j:plain

こんだけ美しかったらここでまぁいいやという感じに。神秘的すぎた。

f:id:FantasyPort:20170317184711j:plain

表面。天然の青

f:id:FantasyPort:20170317184712j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184714j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184713j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184716j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184715j:plain

青が閉じ込められている

f:id:FantasyPort:20170317184717j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184718j:plain

氷河ツアー終了。ガイドがよくがんばったねと食べ物くれました。他のツアーでは無かったのに

f:id:FantasyPort:20170317184719j:plain

スコゥガフォス

帰りにはスコゥガフォスの滝というでかい滝にも立ち寄る

f:id:FantasyPort:20170317184720j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184721j:plain

アイスランド馬。一昨日のツアーのガイド曰く、食べもするそうな。

散々労働させられて馬肉になるアイスランド馬かなしすぎる。

f:id:FantasyPort:20170317184722j:plain

とりあえずデカい

f:id:FantasyPort:20170317184723j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184725j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184724j:plain

人との対比

f:id:FantasyPort:20170317184727j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184726j:plain

上にも登れるそうですがそんな時間と元気はなし

f:id:FantasyPort:20170317184728j:plain

これにて氷河ツアーの全行程終了。とにかく疲れた

f:id:FantasyPort:20170317184729j:plain

この晩、オーロラを見に行きましたがオーロラツアーは後半へ

次のシリーズ記事:

Portアイスランド旅行・一人旅海外旅行Iceland4日目です。氷河を歩く&登るツアーに行ってきました。 ソウルヘイマヨークトル氷河 パラパラと小雨の中、車で数時間かけてレイキャヴィークから現地ソウルヘイマヨークトル氷河に到着。 氷河。広い。なんかRPGに出てくるダンジョンぽい。 とりあえずここを歩きます ピッケルとアイゼンと(見えていないが)ヘルメットを手に入れた!全部レンタル。ただ靴は自前なのでそれなりの靴を用意しておくのがオススメ まだまだアイゼンとピッケルは装備せず、氷河の近くまで歩く。 ダンジョンに挑むぽい。どこの導かれし勇者なのか。 本格的に氷河の前まできたらここで準備 ちなみにジーパンで挑むバカはこのパーティには一人だけでした。 まずは氷河の上を歩く 火山灰も交じっているので黒い。そしてさらにその灰が凍って~の繰り返し。 雪の白と氷の青と灰の黒 クレバスもちらほら 氷の層が美しく アイスクライミング 他のグループと合流し、ガイドが準備。 いよいよアイスクライミング。レクチャーを受ける。 勇気ある第一号。周りからは歓声が ピッケルからアイスアックス二刀流に装備を変更し、いざ 写真じゃ伝わりませんが、産まれたての小鹿のように両手両足震えてます。 スノーモービルからの筋肉痛もあり、この辺で両手の筋肉は死亡。 氷に体を密着すれば何とかなる。這いずるように上がる。 何とかゴール ゴールしたら ここから横に水平に立って バックで降りていく これは見てる分には怖かったけどやった時は楽しかった そして帰還。いやー強敵でしたね 全身ずたずたになった身体を休めている間にも、次々と挑戦者。みんな頑張ってる 結局全員ちゃんと上まで登れてました。よかった一人だけ失敗とかじゃなくて。 登った後は氷河ツアー再開 ガイドが何か掘っていると思ったら 氷を投げた ガラガラと鳴りながら落下する氷。落ちたらこうなるよという典型的なアレでした。奈落。 氷の洞窟 氷河中にあった氷の洞窟 当初、アイスランドに行くのならと予定していたけども日程と交通の便を考慮して中止にしていた別の場所の氷の洞窟体験。 こんだけ美しかったらここでまぁいいやという感じに。神秘的すぎた。 表面。天然の青 青が閉じ込められている 氷河ツアー終了。ガイドがよくがんばったねと食べ物くれました。他のツアーでは無かったのに スコゥガフォス 帰りにはスコゥガフォスの滝というでかい滝にも立ち寄る アイスランド馬。一昨日のツアーのガイド曰く、食べもするそうな。 散々労働させられて馬肉になるアイスランド馬かなしすぎる。 とりあえずデカい 人との対比 上にも登れるそうですがそんな時間と元気はなし これにて氷河ツアーの全行程終了。とにかく疲れた この晩、オーロラを見に行きましたがオーロラツアーは後半へアウトプットの為の旅行・一人旅の記録と主にファンタジー小説の読書感想

-------広告-------