アイスランドオーロラ旅シリーズ

シリーズ記事:

  1. 【アイスランド】オーロラ求めて二人旅 – 空港から首都へ移動
  2. 【アイスランド】オーロラ求めて二人旅 – ゴールデンサークル
  3. 【アイスランド】オーロラ求めて二人旅 – ブルーラグーン (現在の記事)
  4. 【アイスランド】オーロラ求めて二人旅 – 氷河ピクニック
  5. 【アイスランド】オーロラ求めて二人旅 – 念願のオーロラ

アイスランド3日目です。

ブルーラグーンとオーロラツアーを予定していました。いました。

ブルーラグーン

青い温泉と噂のブルーラグーン。市内から車で1時間、国際空港近くにあります。日程や場所を考えると最初か最後にしておけば良かったとも思いますが、どうしても我慢できず。f:id:FantasyPort:20170317184601j:plain

バス停留所からさっそくむき出しの黒い岩。

f:id:FantasyPort:20170317184602j:plain

建物外部でも乳白色というか青白い水が

f:id:FantasyPort:20170317184603j:plain

これ見てるだけだと全然ぬくそうではない

f:id:FantasyPort:20170317184604j:plain

入り口。建物は綺麗

f:id:FantasyPort:20170317184605j:plain

そしてブルーラグーン内部。カメラ持ち込めました。

f:id:FantasyPort:20170317184606j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184607j:plain

水着もバスローブも全部レンタルできます。まぁまぁ高いけど。日本のそれとは違って温水プールぐらいをイメージしてください。

f:id:FantasyPort:20170317184608j:plain

ビールとかも売ってます。お金は最後に精算という事でチップ入りのリストバンドを装着。かざすだけで食べ物飲み物がもらえます

f:id:FantasyPort:20170317184609j:plain

あたり前だが冬なので外は寒い。中はぬくい。基本はぬるい所が多いですが場所によっては41℃とかあるのでそこをぐるぐる探す。電光掲示板にここらへんは何℃ですよとか書いてました。

f:id:FantasyPort:20170317184610j:plain

ブルーラグーンの泥でパックもできるので一通り試す。

確かにツルツルになったけど塩分もかなり含んでいるのか、かなりヒリヒリ。

f:id:FantasyPort:20170317184611j:plain

この頃は渡欧してアイルランド滞在5ヶ月目ぐらい。お風呂が恋しくてしょうがなかったので本当に助かりました。やっぱり肩までつかるというのは最高です。

f:id:FantasyPort:20170317184613j:plain

けど日本の温泉とはやっぱり違っていて、ここはテーマパークのようで楽しいけども静かにのんびり入れる日本のがいいなぁと。

f:id:FantasyPort:20170317184612j:plain

雨天中止

ブルーラグーンの後はお楽しみのオーロラツアー・・・のはずが、小雨の為中止。

朝の時点で覚悟してたけどね。。次の日に再トライする事に。

という事で夜の街を少し散策。

謎オブジェ。よくわからんモダンアートが町のいたる所にあります。

f:id:FantasyPort:20170317184615j:plain

本当に暇でいくとこないので港へ

f:id:FantasyPort:20170317184617j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184616j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184619j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184618j:plain

近くの建物。すごく綺麗と思ったらそれなりの所だった

f:id:FantasyPort:20170317184620j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184622j:plain

本当に暇だったので散策のみ

f:id:FantasyPort:20170317184621j:plain

この日は結局温泉入って終わりでしたが、昨日の疲れを考えるとちょうど良かったのかも。

そして事件

そんなぬるい1日を終え、夜の町の散策中、道の反対側から来た車が自分たちの横に急停車。なんだろうと思って首をむけると、車に乗った若者達が笑いながら銃をこっちに向けてる。

ビビって体が硬直しましたが、そんな様子を見て満足したのかゲラゲラ笑いと共に車は去っていきました。当たり前ですが人生初の体験。連れはオモチャでしょ?と言ってましたがこっちはアイスランドは銃の所持OKという情報を知っていたから尚の事。治安がいいと思ってたのになかなかの体験でした。

 

次のシリーズ記事:

Portアイスランド旅行・一人旅海外旅行アイスランド3日目です。 ブルーラグーンとオーロラツアーを予定していました。いました。 ブルーラグーン 青い温泉と噂のブルーラグーン。市内から車で1時間、国際空港近くにあります。日程や場所を考えると最初か最後にしておけば良かったとも思いますが、どうしても我慢できず。 バス停留所からさっそくむき出しの黒い岩。 建物外部でも乳白色というか青白い水が これ見てるだけだと全然ぬくそうではない 入り口。建物は綺麗 そしてブルーラグーン内部。カメラ持ち込めました。 水着もバスローブも全部レンタルできます。まぁまぁ高いけど。日本のそれとは違って温水プールぐらいをイメージしてください。 ビールとかも売ってます。お金は最後に精算という事でチップ入りのリストバンドを装着。かざすだけで食べ物飲み物がもらえます あたり前だが冬なので外は寒い。中はぬくい。基本はぬるい所が多いですが場所によっては41℃とかあるのでそこをぐるぐる探す。電光掲示板にここらへんは何℃ですよとか書いてました。 ブルーラグーンの泥でパックもできるので一通り試す。 確かにツルツルになったけど塩分もかなり含んでいるのか、かなりヒリヒリ。 この頃は渡欧してアイルランド滞在5ヶ月目ぐらい。お風呂が恋しくてしょうがなかったので本当に助かりました。やっぱり肩までつかるというのは最高です。 けど日本の温泉とはやっぱり違っていて、ここはテーマパークのようで楽しいけども静かにのんびり入れる日本のがいいなぁと。 雨天中止 ブルーラグーンの後はお楽しみのオーロラツアー・・・のはずが、小雨の為中止。 朝の時点で覚悟してたけどね。。次の日に再トライする事に。 という事で夜の街を少し散策。 謎オブジェ。よくわからんモダンアートが町のいたる所にあります。 港 本当に暇でいくとこないので港へ 近くの建物。すごく綺麗と思ったらそれなりの所だった 本当に暇だったので散策のみ この日は結局温泉入って終わりでしたが、昨日の疲れを考えるとちょうど良かったのかも。 そして事件 そんなぬるい1日を終え、夜の町の散策中、道の反対側から来た車が自分たちの横に急停車。なんだろうと思って首をむけると、車に乗った若者達が笑いながら銃をこっちに向けてる。 ビビって体が硬直しましたが、そんな様子を見て満足したのかゲラゲラ笑いと共に車は去っていきました。当たり前ですが人生初の体験。連れはオモチャでしょ?と言ってましたがこっちはアイスランドは銃の所持OKという情報を知っていたから尚の事。治安がいいと思ってたのになかなかの体験でした。  アウトプットの為の旅行・一人旅の記録と主にファンタジー小説の読書感想

-------広告-------