アイスランドオーロラ旅シリーズ

シリーズ記事:

  1. 【アイスランド】オーロラ求めて二人旅 – 空港から首都へ移動
  2. 【アイスランド】オーロラ求めて二人旅 – ゴールデンサークル (現在の記事)
  3. 【アイスランド】オーロラ求めて二人旅 – ブルーラグーン
  4. 【アイスランド】オーロラ求めて二人旅 – 氷河ピクニック

アイスランド旅行の二日目です。朝から凍えるような寒さですが厚着厚着で何とか耐えれるレベル。

ゴールデン・サークル・ジープ・ツアー&スノーモービル・アクティビティ

この日は長いツアー名のツアーに参加しました。ゴールデンサークルというのはひとつの観光スポットではなく、シンクヴェトリル国立公園、グトルフォスの滝、ゲイシールの間欠泉の3箇所を巡るルートの名称だそうです。

ジープツアー

ジープでの各地にちょこちょこ止まりながらドライブ

朝焼けとフラッグ。荘厳さに目が覚めました。

f:id:FantasyPort:20170317184521j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184522j:plain

市内から少し離れただけで一面の雪景色

f:id:FantasyPort:20170317184523j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184525j:plain

遠くにうっすら見える煙。火山の煙らしい。流石火山島。

f:id:FantasyPort:20170317184524j:plain

シンクヴェトリル国立公園

プレートがむき出しになっている地帯。断層。

f:id:FantasyPort:20170317184527j:plain

バスの集合場所を聞き間違えてしまい、ガイドにちょっと怒られる。

f:id:FantasyPort:20170317184526j:plain

しかし見事な断層でした

f:id:FantasyPort:20170317184528j:plain

グトルフォスの滝

次の寄先は滝。壮大すぎるけど寒さに負けてあまりシャッター押せず。とにかく寒い

f:id:FantasyPort:20170317184529j:plain

氷河なのか滝なのか流氷なのか

f:id:FantasyPort:20170317184530j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184531j:plain

轟音でした

f:id:FantasyPort:20170317184532j:plain

スノーモービル体験

もともとのってきたジープを置いて、びっくりするほどでかい車にのってさらに奥地へ

f:id:FantasyPort:20170317184533j:plain

並ぶスノーモービル。壮観。

f:id:FantasyPort:20170317184534j:plain

運転するには要自動車免許。という事で筋金入りのペーパードライバー(原付にも乗ったことない)は大人しく後部座席へ。いま考えるとホント後悔。

f:id:FantasyPort:20170317184535j:plain

でもおかげで運転中に写真撮れたんですけどね。

f:id:FantasyPort:20170317184536j:plain

当日のベストショット。雪影。もうほんと空と雪が青いんです

f:id:FantasyPort:20170317184537j:plain

スノーモービルの轍

f:id:FantasyPort:20170317184538j:plain

スノーモービル以外は何もないような大雪原

f:id:FantasyPort:20170317184539j:plain

ちょっと気を抜くと周りから置いてかれそうに。

f:id:FantasyPort:20170317184540j:plain

幻想的としかいいようがない

f:id:FantasyPort:20170317184541j:plain

まだ15時ぐらいだったような気もするけど流石アイスランド。夕暮れも早く

f:id:FantasyPort:20170317184543j:plain

でも日没している反対側はこんな感じ。自然はすごい

f:id:FantasyPort:20170317184542j:plain

パノラマ撮影。青と黄色の世界

f:id:FantasyPort:20170317184544j:plain

凄く美しかったです

f:id:FantasyPort:20170317184545j:plain

ゲイシールの間欠泉

スノーモービル体験を終え、ゲイシールの間欠泉へ移動

f:id:FantasyPort:20170317184546j:plain

最初はここが噴出温泉と気づかず、横で噴出して気づく

f:id:FantasyPort:20170317184547j:plain

近づいてみると

f:id:FantasyPort:20170317184548j:plain

一気に噴出

f:id:FantasyPort:20170317184550j:plain

煮えていない所。青い。

f:id:FantasyPort:20170317184549j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184551j:plain

数分置きに不規則で噴出するので適当に待ちながら・・・

f:id:FantasyPort:20170317184552j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184553j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184554j:plain

どばーっと

f:id:FantasyPort:20170317184556j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184555j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184558j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184557j:plain

なぜ動画じゃないのかと編集しながらツッコミ。でもすごい迫力でした。

f:id:FantasyPort:20170317184559j:plain

f:id:FantasyPort:20170317184600j:plain

そんな感じの濃い一日でした。

この後、たまたまツアーで一緒になった日本人の人と合流してシーフードレストランへ。これもまた最高に美味しかった。

しかしスノーモービルの後部座席で落とされないように必死になって座席横の棒に捕まっていたせいで筋肉が既にズタズタ。次の日大変な事になってるなぁと思いながらホテルに帰ってすぐに寝たのでした。

次のシリーズ記事:

https://i1.wp.com/fantasyport.net/wp-content/uploads/2017/11/20170317184521.jpg?fit=800%2C450https://i1.wp.com/fantasyport.net/wp-content/uploads/2017/11/20170317184521.jpg?resize=150%2C150Portアイスランド旅行・一人旅海外旅行アイスランド旅行の二日目です。朝から凍えるような寒さですが厚着厚着で何とか耐えれるレベル。 ゴールデン・サークル・ジープ・ツアー&スノーモービル・アクティビティ この日は長いツアー名のツアーに参加しました。ゴールデンサークルというのはひとつの観光スポットではなく、シンクヴェトリル国立公園、グトルフォスの滝、ゲイシールの間欠泉の3箇所を巡るルートの名称だそうです。 ジープツアー ジープでの各地にちょこちょこ止まりながらドライブ 朝焼けとフラッグ。荘厳さに目が覚めました。 市内から少し離れただけで一面の雪景色 遠くにうっすら見える煙。火山の煙らしい。流石火山島。 シンクヴェトリル国立公園 プレートがむき出しになっている地帯。断層。 バスの集合場所を聞き間違えてしまい、ガイドにちょっと怒られる。 しかし見事な断層でした グトルフォスの滝 次の寄先は滝。壮大すぎるけど寒さに負けてあまりシャッター押せず。とにかく寒い 氷河なのか滝なのか流氷なのか 轟音でした スノーモービル体験 もともとのってきたジープを置いて、びっくりするほどでかい車にのってさらに奥地へ 並ぶスノーモービル。壮観。 運転するには要自動車免許。という事で筋金入りのペーパードライバー(原付にも乗ったことない)は大人しく後部座席へ。いま考えるとホント後悔。 でもおかげで運転中に写真撮れたんですけどね。 当日のベストショット。雪影。もうほんと空と雪が青いんです スノーモービルの轍 スノーモービル以外は何もないような大雪原 ちょっと気を抜くと周りから置いてかれそうに。 幻想的としかいいようがない まだ15時ぐらいだったような気もするけど流石アイスランド。夕暮れも早く でも日没している反対側はこんな感じ。自然はすごい パノラマ撮影。青と黄色の世界 凄く美しかったです ゲイシールの間欠泉 スノーモービル体験を終え、ゲイシールの間欠泉へ移動 最初はここが噴出温泉と気づかず、横で噴出して気づく 近づいてみると 一気に噴出 煮えていない所。青い。 数分置きに不規則で噴出するので適当に待ちながら・・・ どばーっと なぜ動画じゃないのかと編集しながらツッコミ。でもすごい迫力でした。 そんな感じの濃い一日でした。 この後、たまたまツアーで一緒になった日本人の人と合流してシーフードレストランへ。これもまた最高に美味しかった。 しかしスノーモービルの後部座席で落とされないように必死になって座席横の棒に捕まっていたせいで筋肉が既にズタズタ。次の日大変な事になってるなぁと思いながらホテルに帰ってすぐに寝たのでした。アウトプットの為の旅行・一人旅の記録と主にファンタジー小説の読書感想

-------広告-------