コーク滞在記シリーズ

シリーズ記事:

  1. 【アイルランド】コーク滞在記 – リング・オブ・ケリーへ日帰り旅行
  2. 【アイルランド】コーク滞在記 – コーク大学へ日帰り散策
  3. 【アイルランド】コーク滞在記 – スケリグ・マイケルへ日帰り旅行 (現在の記事)
  4. 【アイルランド】コーク滞在記 – キンセールへ日帰り旅行
  5. 【アイルランド】コーク滞在記 – ブラーニー城へ日帰り旅行

世界遺産のスケリグ・マイケル(Skellig Michael(UNESCO World Heritage))に行った時の記録です。

スケリグ・マイケル(Skellig Michael)

絶海の孤島にあり、ヨーロッパの世界遺産で一番到達が困難と言われている場所です。

近年ではスターウォーズEp7のラストシーンで出てきて注目されています。

事前情報ないまま見に行っていたので、映画館でたまげました。

行きの船

もちろん島なので、移動は船。でも少し遅れたので目の前で予約していた船が出港してしまうというアクシデント。

結局他の人の船に乗せてもらったわけですが、いやー、びっくりした。

f:id:FantasyPort:20170317183655j:plain

船長のオーエン。すごいいい人。行きたい人はこの人の船を予約する事をオススメします。

f:id:FantasyPort:20170317183656j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183654j:plain

ちょっとずつ外洋へ

f:id:FantasyPort:20170317183657j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183658j:plain

少しずつ近づいてくる島。乗客は余裕の人とゲロってる人の二極化。1時間半ぐらい外洋だし、弱い人は地獄。自分も結構やばかった。

f:id:FantasyPort:20170317183659j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183700j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183701j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183702j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183703j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183704j:plain

上陸

f:id:FantasyPort:20170317183705j:plain

この島は、約1500年前とかにケルト人の小さな修道院が建てられていたという場所。辺鄙な場所にあるので、修業とか巡礼とかやってたみたいですが、近年は放棄され、完全無人島→世界遺産登録コースみたいです。

f:id:FantasyPort:20170317183706j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183707j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183708j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183710j:plain

石段。手すりとか、ちゃんと整備されているわけではないから落ちたら死ぬ。

f:id:FantasyPort:20170317183709j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183711j:plain

怖い

f:id:FantasyPort:20170317183712j:plain

近くにはもう1つ島があり、そちらは鳥の楽園。

f:id:FantasyPort:20170317183714j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183713j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183716j:plain

ほぼ登山

f:id:FantasyPort:20170317183715j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183718j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183717j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183719j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183721j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183720j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183722j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183723j:plain

励まし合いながら登る

f:id:FantasyPort:20170317183724j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183725j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183726j:plain

世界遺産の中でも屈指の難所(行くのが難しい)らしい

f:id:FantasyPort:20170317183727j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183728j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183729j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183730j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183731j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183733j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183732j:plain

頂上付近の建築物

ある程度のぼると、階段だけじゃなく他の建築物跡が。

f:id:FantasyPort:20170317183734j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183735j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183736j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183737j:plain

修道僧が住んでた小屋

f:id:FantasyPort:20170317183738j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183739j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183740j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183741j:plain

十字架

f:id:FantasyPort:20170317183743j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183742j:plain

小屋裏側

f:id:FantasyPort:20170317183744j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183745j:plain

頂上付近までのぼり、ガイドの説明を受けてる途中で雨が。あわてて屋根のある所まで降りたけど、石段が濡れてるからスリル満点。確実に死ぬなーとか思いながら気を張って降りる。

f:id:FantasyPort:20170317183746j:plain

すべって死にかけてるお婆さん助けたり、もう何でもあり

f:id:FantasyPort:20170317183747j:plain

帰り道

帰りの船では綺麗に晴れだす。右側は青色が

f:id:FantasyPort:20170317183748j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183749j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183750j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183751j:plain

神秘的な感じに

f:id:FantasyPort:20170317183753j:plain

晴れたらやっぱり緑が映える

f:id:FantasyPort:20170317183754j:plain

鳥の楽園の方の島。白っぽいのは全部鳥といっていいほどの

f:id:FantasyPort:20170317183755j:plain

ギネスの鳥のマークの元になった鳥がいるって事だったけど、探しても拡大しても見つからず。

f:id:FantasyPort:20170317183758j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183800j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183759j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183801j:plain

カメラ性能の限界

f:id:FantasyPort:20170317183802j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183804j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183805j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183803j:plain

僕「なんでこんなに鳥がいるのか」

船長のオーエン(すごいいい人)「そりゃこの島には日本人もスペイン人もアイルランド人もいねーからなHAHAHA」

なるほど

f:id:FantasyPort:20170317183806j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183807j:plain

二つの島

f:id:FantasyPort:20170317183808j:plain

帰り道のドライブ

アイルランド本島に戻ってからは、カフェで一服し、リングオブケリーへ。前に観光バスで来たけど、バスで入れなさそうな所や、前には止まらなかったところで写真撮影タイム。

f:id:FantasyPort:20170317183809j:plain

やっぱり雄大な景観

f:id:FantasyPort:20170317183810j:plain

古代の天文台

なんか名前忘れっちゃたけど、古代の人の住居(天文台)

f:id:FantasyPort:20170317183811j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183812j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183813j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183814j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183815j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183816j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183817j:plain

綺麗な円形

f:id:FantasyPort:20170317183818j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183820j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183819j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183821j:plain

波止場

次に止まった波止場

f:id:FantasyPort:20170317183822j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183823j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183824j:plain

石のトンネル

石をそのままくり貫いたトンネル

f:id:FantasyPort:20170317183825j:plain

晩御飯

夕食は小さな町のレストランで

f:id:FantasyPort:20170317183826j:plain

でかい

f:id:FantasyPort:20170317183827j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183828j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183829j:plain

f:id:FantasyPort:20170317183830j:plain

なんかそんな感じでした。途中以外晴れてたし、波は比較的おだやか。

特に酷い酔いもせず、一番難易度の高いアイルランド島の世界遺産をあっけなく旅行できました。

すごい綺麗、すごい荘厳って感じじゃなく、道中とかを含めての満足感がある所って感じです。

この時のメモには、

「アイルランドには世界遺産はあと2つ。制覇できるかなー。」

って書いてあったけど無事に達成できてます。頑張った。

次のシリーズ記事:

Portアイルランドコーク旅行・一人旅海外旅行世界遺産のスケリグ・マイケル(Skellig Michael(UNESCO World Heritage))に行った時の記録です。 スケリグ・マイケル(Skellig Michael) 絶海の孤島にあり、ヨーロッパの世界遺産で一番到達が困難と言われている場所です。 近年ではスターウォーズEp7のラストシーンで出てきて注目されています。 事前情報ないまま見に行っていたので、映画館でたまげました。 行きの船 もちろん島なので、移動は船。でも少し遅れたので目の前で予約していた船が出港してしまうというアクシデント。 結局他の人の船に乗せてもらったわけですが、いやー、びっくりした。 船長のオーエン。すごいいい人。行きたい人はこの人の船を予約する事をオススメします。 ちょっとずつ外洋へ 少しずつ近づいてくる島。乗客は余裕の人とゲロってる人の二極化。1時間半ぐらい外洋だし、弱い人は地獄。自分も結構やばかった。 上陸 この島は、約1500年前とかにケルト人の小さな修道院が建てられていたという場所。辺鄙な場所にあるので、修業とか巡礼とかやってたみたいですが、近年は放棄され、完全無人島→世界遺産登録コースみたいです。 石段。手すりとか、ちゃんと整備されているわけではないから落ちたら死ぬ。 怖い 近くにはもう1つ島があり、そちらは鳥の楽園。 ほぼ登山 励まし合いながら登る 世界遺産の中でも屈指の難所(行くのが難しい)らしい 頂上付近の建築物 ある程度のぼると、階段だけじゃなく他の建築物跡が。 修道僧が住んでた小屋 十字架 小屋裏側 頂上付近までのぼり、ガイドの説明を受けてる途中で雨が。あわてて屋根のある所まで降りたけど、石段が濡れてるからスリル満点。確実に死ぬなーとか思いながら気を張って降りる。 すべって死にかけてるお婆さん助けたり、もう何でもあり 帰り道 帰りの船では綺麗に晴れだす。右側は青色が 神秘的な感じに 晴れたらやっぱり緑が映える 鳥の楽園の方の島。白っぽいのは全部鳥といっていいほどの ギネスの鳥のマークの元になった鳥がいるって事だったけど、探しても拡大しても見つからず。 カメラ性能の限界 僕「なんでこんなに鳥がいるのか」 船長のオーエン(すごいいい人)「そりゃこの島には日本人もスペイン人もアイルランド人もいねーからなHAHAHA」 なるほど 二つの島 帰り道のドライブ アイルランド本島に戻ってからは、カフェで一服し、リングオブケリーへ。前に観光バスで来たけど、バスで入れなさそうな所や、前には止まらなかったところで写真撮影タイム。 やっぱり雄大な景観 古代の天文台 なんか名前忘れっちゃたけど、古代の人の住居(天文台) 綺麗な円形 波止場 次に止まった波止場 石のトンネル 石をそのままくり貫いたトンネル 晩御飯 夕食は小さな町のレストランで でかい なんかそんな感じでした。途中以外晴れてたし、波は比較的おだやか。 特に酷い酔いもせず、一番難易度の高いアイルランド島の世界遺産をあっけなく旅行できました。 すごい綺麗、すごい荘厳って感じじゃなく、道中とかを含めての満足感がある所って感じです。 この時のメモには、 「アイルランドには世界遺産はあと2つ。制覇できるかなー。」 って書いてあったけど無事に達成できてます。頑張った。アウトプットの為の旅行・一人旅の記録と主にファンタジー小説の読書感想

-------広告-------