大人向きファンタジーの最高峰。

氷と炎の歌シリーズ第二巻であり、ドラマ化しているゲーム・オブ・スローンズ原作。

あらすじ

七王国の空に燦然と輝く、真紅の彗星。それは大戦乱時代の到来を告げていた。

前王の死後、王妃の策略どおり〈鉄の玉座〉は少年王ジョフリーが継いだ。

だが南部諸侯を率いるレンリーに、異国の神の祭司の力をかりるスタニス――少年王の二人の叔父が自分こそ王であると挙兵したのだ!

さらに父を処刑されたスターク家の長男ロブも〈北の王〉として蜂起する……

ローカス賞を連続受賞した大河ファンタジイ、待望の第2部!

感想

ヴァラール・モルグリス!

タイトルからして秀逸な王の乱立と内乱の巻。

最初に1巻の終わりまで読んだ時はスターク父が死んだと信じていなくて、実は生きていたパターンなんでしょ?とずっと疑っていました。

けどその疑いが解け、あ、これはリアルなファンタジーと認識した事でもうハマってしまったわけです。寝食忘れて最後まで読みました。

1巻から視点人物はさらに増えても、どの視点人物達にも同情と共感ができるのが凄く楽しいです。

シオン止めとけ…

ティリオン…

やら思うことは三点リーダーばかりですが。

物語の都合上、なかなか視点人物同士が絡む事が少ないので、それが重なる時が待ち遠しく。

一番遠くにいるデナーリスがどう他の人達と絡むかが待ち遠しかったですが、どう考えても邂逅は新たな火種にしかならないというのがもうね。

再読視点でいくと、

前に読んだ時はわかりにくかったハレンホール関連がドラマ版を見た事でわかりやすくなっていました(位置関係や急に登場した人物達が覚えきれなくなっていたので)。

本格的に魔術も登場するし、壁の先の謎や世界の反対側のデナーリスの行動、バラバラになったスターク一家や沈黙を守ったままのまだ見ぬ勢力、まだまだ世界は広がっていくのですが、物語にガッチリ惹き込まれた状態で、ついにあの三巻につながっていくわけです。

関連情報

氷と炎の歌 – Wikipedia

王狼たちの戦旗 – Wikipedia

 
Port感想・レビュー海外文学氷と炎の歌大人向きファンタジーの最高峰。 氷と炎の歌シリーズ第二巻であり、ドラマ化しているゲーム・オブ・スローンズ原作。 あらすじ 七王国の空に燦然と輝く、真紅の彗星。それは大戦乱時代の到来を告げていた。 前王の死後、王妃の策略どおり〈鉄の玉座〉は少年王ジョフリーが継いだ。 だが南部諸侯を率いるレンリーに、異国の神の祭司の力をかりるスタニス――少年王の二人の叔父が自分こそ王であると挙兵したのだ! さらに父を処刑されたスターク家の長男ロブも〈北の王〉として蜂起する…… ローカス賞を連続受賞した大河ファンタジイ、待望の第2部! 感想 ヴァラール・モルグリス! タイトルからして秀逸な王の乱立と内乱の巻。 最初に1巻の終わりまで読んだ時はスターク父が死んだと信じていなくて、実は生きていたパターンなんでしょ?とずっと疑っていました。 けどその疑いが解け、あ、これはリアルなファンタジーと認識した事でもうハマってしまったわけです。寝食忘れて最後まで読みました。 1巻から視点人物はさらに増えても、どの視点人物達にも同情と共感ができるのが凄く楽しいです。 シオン止めとけ… ティリオン… やら思うことは三点リーダーばかりですが。 物語の都合上、なかなか視点人物同士が絡む事が少ないので、それが重なる時が待ち遠しく。 一番遠くにいるデナーリスがどう他の人達と絡むかが待ち遠しかったですが、どう考えても邂逅は新たな火種にしかならないというのがもうね。 再読視点でいくと、 前に読んだ時はわかりにくかったハレンホール関連がドラマ版を見た事でわかりやすくなっていました(位置関係や急に登場した人物達が覚えきれなくなっていたので)。 本格的に魔術も登場するし、壁の先の謎や世界の反対側のデナーリスの行動、バラバラになったスターク一家や沈黙を守ったままのまだ見ぬ勢力、まだまだ世界は広がっていくのですが、物語にガッチリ惹き込まれた状態で、ついにあの三巻につながっていくわけです。 関連情報 氷と炎の歌 - Wikipedia 王狼たちの戦旗 - Wikipedia  アウトプットの為の旅行・一人旅の記録と主にファンタジー小説の読書感想

-------広告-------