2017年3月

1/2ページ

【ゲーム感想】ファイナルファンタジーXV(2章途中まで)

今回のゲーム 感想 ファイナルファンタジー15を今更ながらにプレイ。 体験版はプレイ済みなので、1章自体はサクっと終わらそうかと思ったけども、 モンスター討伐とかイベントとか全部見えてる分はやろうとしてたら結構なプレイ時間に。 レベル高いモンスターでもアイテムとか駆使してたら倒せるので難易度的にも(ノーマル)ちょうど良かったです。 ただダルい。飽きる。 結局お使いイベント以上でも以下でもないし、や […]

  • 2017.03.29

チーズ・イン・ザ・トラップずっと読んでた

チーズ・イン・ザ・トラップという漫画、この2日間ずっと読んでました。 やっと最新話まで追いついたものの、他のすべき事だいたい全部無視しちゃってる… 主人公の相手役、大学の先輩が本当にサイコパス。どう考えてもサイコパス。 その先輩の目線も見せてくれるので印象はだいぶマシですが、 世間体は繕えるものの、他者の気持ちを理解できないし興味がない対象にはゴミのような扱い。人を操作する事に長けているし、自分の […]

【読書感想】剣嵐の大地(氷と炎の歌3)

今回の本 大人向きファンタジーの最高峰。 氷と炎の歌シリーズ第三部であり、ドラマ化しているゲーム・オブ・スローンズ原作。 あらすじ 『七王国』『王狼』に続き、ローカス賞連続受賞に輝く至高の異世界戦史、待望の第3部。 七王国の〈鉄の玉座〉を賭けた王都での決戦の夜、湾を埋めつくした大船団は、緑色の燐火に呑まれ巨大な鎖に捕らわれて次々に沈没し壊滅した。 一夜明けて、民衆は都の無事を喜び、少年王ジョフリー […]

  • 2017.03.27

すごい今更だけどFate/GOはじめました

サービス開始直後に試しに遊んでみて、最初の繋がりにくい状況とか何やらですぐにアンインストールしてたのですが、年末に一旦ストーリー完結したというのが耳にのこってたようで急に思い立ってちょっと前から遊んでみることに。 現在のパーティ。 初めのガチャで出たヘラクレスを中心に、2回目の10連で来てくれた三蔵と頑張ってる感じです。 本当はケルトパーティを組みたいのです。バランス偏りそうだなぁと思って調べると […]

【読書感想】王狼たちの戦旗(氷と炎の歌2)

今回の本 大人向きファンタジーの最高峰。 氷と炎の歌シリーズ第二巻であり、ドラマ化しているゲーム・オブ・スローンズ原作。 あらすじ 七王国の空に燦然と輝く、真紅の彗星。それは大戦乱時代の到来を告げていた。 前王の死後、王妃の策略どおり〈鉄の玉座〉は少年王ジョフリーが継いだ。 だが南部諸侯を率いるレンリーに、異国の神の祭司の力をかりるスタニス――少年王の二人の叔父が自分こそ王であると挙兵したのだ! […]

  • 2017.03.17

万年筆とカリグラフィーから空想世界の地図を作りたいと思うまで

数年前、趣味も無く毎日職場と家との往復を繰り返している中、この動画を見て衝撃を受けました。 www.youtube.com この美しさ、音よ!って感じ。ずっと聞いていられます(ここで使われているNamiki Falconは日本ではエラボーという名でPILOTから出ています)  で、この動画を見て衝撃受けちゃってそのまま確か楽天でエラボーを注文。 けど皆考えるのは同じだったようで、購入した […]

【映画感想】ラ・ラ・ランド

今回の映画 あらすじ 夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末の店で、あるピアニストの演奏に魅せられる。彼の名はセブ(セバスチャン)、いつか自分の店を持ち、大好きなジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合う。しかし、セブが店の資金作りのために入 […]

  • 2017.03.07

GRAVITY DAZE 2を無事にクリア

PSVitaの「GRAVITY DAZE」の続編。 アクションゲーム久しぶりにプレイした。 あらすじ 都市上空を浮遊する政府地区周辺で異常な重力波の乱れが観測され、 キトゥンは、パートナーの重力使いクロウと警務官シドーを伴い、調査に赴く。 異様な気配におののくキトゥンの周囲を、前例のない規模の巨大重力嵐が襲い、3人は政府地区もろとも、なす術無く重力の渦に呑みこまれていく──。 記憶を失いながらも、 […]

【読書感想】七王国の玉座(氷と炎の歌1)

今回の本 大人向きファンタジーの最高峰。 氷と炎の歌シリーズ第一巻であり、ドラマ化しているゲーム・オブ・スローンズ原作。 あらすじ ウェスタロス大陸の七王国は、長い夏が終わり、冬を迎えようとしていた。狂王エイリスを倒し、ターガリエン家から〈鉄の玉座〉を奪って以来、バラシオン家、ラニスター家、スターク家ら王国の貴族は、不安定な休戦状態を保ってきた。だが、ロバート王がエダード・スタークを強大な権力を持 […]

【読書感想】タラン・新しき王者

今回の本 あらすじ タランたち一党は、プリデイン国の興亡をかけ、死の国の王アローンに壮絶な戦いを挑む。そしてプリデインに新しい王がー。神秘と魔法にみちた神話的世界のなかに、人間のもつ愛や善の素晴らしさを描いた、アメリカの本格ファンタジー。★ニューベリー賞 感想 最終巻。児童文学ファンタジーの最高のシリーズでした。 全ての情景が目に浮かぶようで、キャラクター達は一人残らず魅力的。主人公タランを通じて […]

【読書感想】旅人タラン

今回の本 あらすじ 豚飼育補佐タランは、自分の出生の秘密をもとめて、長い旅にでる。自分は卑しい生まれなのか、高貴な血をひいているのか? 旅の途中、さまざまな冒険と戦いに出会うが、本当の敵は自分の真の姿だったー。青年へと成長するタランの、英雄的な冒険物語。 感想 この1巻だけがシリーズ中でも少し毛色が違っていて、メインストーリーとはあまり関係ない本当に自己の発見を主目的としている巻。前巻までの宿敵で […]

【読書感想】タランとリールの城

今回の本 あらすじ タランたちと行動をともにしてきた、勇敢で勝ち気なリール族の王女エイロヌイ。王女にふさわしい貴婦人となるため、自分の国へ帰ることになり、タランも同行するがー。数々の苦難を乗り越え成長してゆく、タランとエイロヌイ。ふしぎなリールの城を舞台に展開する冒険ファンタジー。 感想 タラン達キャラクターも精神、年齢と共に成長し、今回はいつもよりロマンス。 ヒロインのエイロヌイが終始攫われたの […]